ブログトップ

ハ・ジョンウのすべてを PART.3

hajungwoo3.exblog.jp

ハ・ジョンウの情報サイト

<   2016年 08月 ( 33 )   > この月の画像一覧

♡画譜話題♡

하정우, 말끔한 수트 차림에 드러난 남성미…독보적 매력 [화보]
e0148490_053245.jpg
e0148490_0535315.jpg
e0148490_0541563.jpg
映画‘トンネル’が 500万観客を一気に突破して大韓民国代表興行俳優であることをもう一度立証した俳優ハ・ジョンウが、画譜を通じて強烈なカリスマを現わした。

カルティエは2016年新しくロンチングした男性ウォッチコレクション‘ドライブドカルティエ’のために、国家別に自分の生を主導的に導く男性を選定し、彼らとのコラボレーションを広げている。
画家と同時に国民的俳優としての多様な活動を認められて韓国代表 "ドライブマン"に選定されたハ・ジョンウは、アレーナ 9月号を通じて余裕と威厳が共存する画譜を公開してこの活動の信号弾を打ち上げた。

公開された画譜ではすっきりしたスーツ姿と男性美に溢れるようにたくし上げたシャツ、そして手首には "ドライブドカルティへ" ウォッチをマッチして独歩的な雰囲気をそそった。

ハ・ジョンウの画譜はアレーナオムムプラス 9月号と、後日アレーナホームページ、カルティエフェイスブックを通じても見ることができる。

東亜ドットコム クォン・ボラ記者 hgbr36@donga.com

こちらも⬇
ハ・ジョンウ、男性ファッション誌のカバーを飾る

ドライブドカルティエの動画も公開されてます。リンク先にて⬇
Arena Homme+Korea(@arenakorea)

激キャプ(笑)
e0148490_1114289.png
e0148490_1121256.png
e0148490_1123696.png
e0148490_1125282.png

カリスマあふれるお姿を堪能下さい056.gif



[PR]
by kusu_woo | 2016-08-31 00:54 | その他 | Comments(0)
シネ21のスペシャル記事です。
今面白いことになっってますが…長いですよ〜〜〜

[스페셜] ‘영화 <아가씨> 마이너 갤러리’ 팬덤 통해 본 영화 팬문화와 2차 창작의 세계
e0148490_051681.jpg
Ⓒ지과자 작가(인스타그램 @gwaja.j)
‘映画<アガシ>マイナーギャラリー’(以下アゲル)というコミュニティが存在するという事実を知ったのは2ヶ月前だった。映画<アガシ>を愛する人々が集まった所だという。映画を作った人よりも映画が好きな人が存在するのは可能なことだろうか。ところが彼らの存在を知ったパク・チャヌク監督も、竜フィルム イム・スンヨン代表も、ユン・ソクチャンPDも、彼らの風変わりな<アガシ>愛に両手両足全てを上げた。記者も認定、降参だ。

次の章から‘アゲル 2ヶ月のチャット観察記’を伝える。クロアチアに出張したパク・チャヌク監督をやっとつかまえて短いインタビューも行った。アゲルを初めて覗くゲルラーたちのために隠語辞書も伝える(これさえ熟知すれば、プロアゲラーのふりも問題ないだろう)。最後に<アガシ>拡張版劇場上映を推進している大観銃隊、大観友逹1,2,3位の4人のアゲラーとのインタビューも付け加えた。
e0148490_0264857.jpg
“‘アゲル’って聞いたことがありますか?” 2ヶ月前、私的な集まりで会った<アガシ>のユン・ソクチャンプロデューサーが尋ねてきた。<アガシ>が封切られてからいくらも経っていなかった頃だ。アゲル? 新しい店か? 何かの略語のようでもある。暗号のようなこの言葉が何であるか分からないという顔をすると、ユンPDは自分のスマートフォンをいじくり私の顔の前に出して見せた。‘映画<アガシ>マイナーギャラリー’(以下アゲル)。<アガシ>が好きな人々がディッシュインサイドという掲示判型コミュニティサイトの中に作ったコミュニティだった。そこでファンは<アガシ>を繰り返し観覧してお互いの考えを共有しているという。つまりアゲルは<アガシ>ファンクラブで、そこで活動するファンはアゲラー(<アガシ>ゲルラーの略)となるわけだ。ユン・ソクチャンPDはそこへ行ってみなさいとそそのかした。“新世界です。 本当に面白いんですよ。”

103次観覧の認証ショットが上ってくる所

フェイスブックとインスタグラムを友達だけが見られるように設定して知る人々だけで疎通を楽しむ閉鎖型 SNS ユーザーとしては、不特定多数と考えを取り交わすディッシュインサイドはちょっとなじみが薄かった。それでも一度聞くと耳に残る名前(アゲルだって)に魅入って、IDは作らずチャットの様子を見るだけにした。インターネットでアゲルURLを入力したら、コミュニティのトップページが目に入ってきた。パク・チャヌク監督、キム・ミ二、キム・テリ、ハ・ジョンウ、チョ・ジヌンの五人の顔をパワーレンジャーの衣装と合成した写真だった。戦隊衣装を着たカンヌのパクとは … よくは分からなくても、ここはこっそり楽しむことができる所のようだ。それでもパク・チャヌク監督を‘ウリウギが’や‘ウギウギ’という愛称で呼ぶ雰囲気に適応できなくて、インターネット窓を閉めてしまった(まだウリウギという単語を見る度にパク・チャヌク監督の顔が浮び上がる。すみません)。 あ、目眩がする。

アゲルは雰囲気に慣れるため‘近づいてチャットしてみる3ヶ月 ’ を勧めているが(ゲルラーたちはチャットは3時間で十分と言いながら)、記者は適応力がないなのか2ヶ月かかってアゲルを把握した(と信じたい)。アゲル掲示板には毎度多様な掲示物が上ってくる。IPTV サービスが始まった最近では珍しいが、去る7月まで N次を撮ったとフォトチケット認証ショットを上げるゲルラーがかなり多かった。N次が繰り返しという意味だと見抜くまで時間はかからなかった。<アガシ>を10回見たら10次、8回見たら8次という話だ。彼らは<アガシ>という映画自体に没頭するのを楽しむ部類だ。監督の隠れた意図を見つけてゲルラー間で共有し、映画を見ながら生じた疑問を晴らすためにまた劇場を訪ねる。記者や評論家が注目しない場面であっても、彼らにはナノ(10億分の 1を志す単位で、原子や分子単位を扱う時使われる) 単位の解剖対象だ。映画をたくさん見た誰かが解釈をしてくれれば、それを見た人々が猫も杓子もまた劇場へ行って確認してコメントをつけた。本当に細かい。

この記事を書いている間にも、アイディーが MINISIであるゲルラーは“103次を撮った”とフォトチケット100枚の認証ショットを上げて、すべてのゲルラーを驚愕させた。“君の正体が何か”とね。 MINISIはこれからあと3次を撮って、106次を果たすつもりだそうだ。106を逆にすれば<アガシ>の封切日だか。とにかく、特定場面に対する自分の解釈が監督の意図と一致でもしようものなら、その快感は言葉にできないほど大きい。アゲルラーたちが<アガシ>を繰り返し観覧するのはパク・チャヌク監督の演出スタイルと関連がある。多重に解釈できるセリフそして敍事と歯車のようにかみ合う演技は一度の観覧では完全に把握しにくい。それでアゲルラーたちは“俳優変態ウリウギが”が作った耽美注意に魅入って<アガシ>見て、また見ている。

映画を繰り返し観覧しながら沸きかえるファンたちはアゲラーが初めではない。忠武路最高のビジュアリストであったイ・ミョンセ監督が演出した<刑事 Duelist>(2005) もまたイメージが敍事を解釈するのに作用した作品だった。どのファンも映画をおおよそ60〜80回以上観覧するほど<刑事 Duelist>中毒になった。<刑事 Duelist>のファンカフェである‘刑事中毒’はCOEXメガボックス 1館を借り切って、映画封切り 1周年を記念する特別上映会を開いた。また別の<刑事 Duelist> ファンカフェである‘刑事カフェ’は、去年 9月12日韓国映像資料院と共に10周年特別上映会を開くほど高い忠誠度を見せた。

掲示物とコメントをするよりもっと積極的なゲルラーたちもいる。彼らは発刊計画がなかった<アガシ>シナリオを本で出すよう製作社に要請した。ファンの要求が溢れると、去る 8月15日<アガシ>脚本が日の目を見た。彼らは“私たちは財布をヒモを緩める用意ができているので、O.S.T のような映画関連グッズをたくさん作ってほしい”と大口を叩いた。それとともに“良い映画を作ってくれて感謝する”と言う意味で、製作社である模倣フィルムと竜フィルムにチョゴン(ファンがお金を蓄えておやつを買ってその対象に送る活動)も送った。最近は<アガシ>のシナリオを書いたチョン・ソギョン作家にチョゴンを送ることを企てているようだ。また、あるアゲルラーたちは製作社と投資社の代わりをして不法著作権流通を見張る役目をしている。劇場で<アガシ>を見ている途中、スマートフォンで不法撮影している観客を見つけ、撮影することができないように阻むのだ。アゲルは初めから著作権申告リンクを掲示板の一番上座に載せて、不法ダウンロード申告を督励している。

このようなファン活動はアイドルファンクラブのそれとすごく似ているようにみえる。アイドルファンクラブもやはり、オッパーが虚弱だという話でも聞けばお金を蓄えて補薬を送り、オッパーの誕生日にはオッパーが持ちたがる贈り物を送り、オッパーの作った音楽が不法ダウンロードサイトに歩き回ると、企画社の代わりに著作権申告センターに届ける。ファンたちの対象が映画<アガシ>なのか、それともアイドルグループかが違うだけ、アゲラーやアイドルファンクラブの活動内容は特に違わない。それはアゲラーたちがアイドルファンクラブ文化を経験しながら育った世代だからだ。アゲル大観友逹2は“私を含んだ多くのアゲルラーたちがアイドルファンクラブ活動を直接経験した”と “あの時接したファン活動を<アガシ>という映画に組み合わせていると思えばいい”と言った。
e0148490_321348.jpg
Ⓒ insta@raehyeoni
ファンピックとファンアートの世界

アゲルラーたちは映画を繰り返し観覧して映画と関わるグッズを熱意的に購買することで、ひいては<アガシ>ファンアート(絵、WebToon、マンガ)やファンピックのような 2次創作物を作り出す。映画中のキャラクターを単純に描くより、表現したいコンセプトで直接創作しいという欲求が反映された活動だ。幼いヒデコと大人のスッキ、まるでマンガスラムダンクで見られそうなドローイングで描くヒデコ、スッキ、伯爵、コウズキなど、ファンアートは見るだけでもかなり完成度が高い。‘妄想’という前書きで始まるペンピックや才気溢れるファンWebToonは上ってくる度にコメントが無数に寄せられるほど没入力がある。もちろんファンが映画と関わる 2次創作物を作り出す活動は過去の韓国映画でも度々あった事だ。<良いやつ、悪者、変なやつ>(2008)のメージャーカップルである‘ド(ウォン)-チャン(イ)’カップルや王の男(2005)のカン・ウソン-イ・ジュンギカップルと関わるファンアートは、当時大きいインスピレーション与えたカップル遊びだったし、<チャンファ、本リョン>(2003)のクン(ヨン)- ス(ジョン) カップルは百合ファンに多くの愛を受けた。最近では<キャロル>(2015)のキャロル-テレーズカップルや、<アガシ>のスキデコ(スッキとヒデコ) カップルもこの系譜だ。

ところで、アゲルはスキデコカップルを過去のカップル遊びのような系譜に置くことに注意を払った。最近のファンアート文化は過去と変わっってきている。よく描いた絵やよく使ったファンピックだけがファンアートとして認められた過去と違い、この頃はファン対象の核心をよく表現した、笑わせる絵や文もゲルラーの愛を独り占めする。スキデコが百合ファンに多くのインスピレーションを与えるカップルかどうかは分からなくても、ビジュアルが最優先だった過去のカップル遊びと違い、アゲルはスキデコや伯爵とコウズキだけではなく、伯母、佐々木夫人、助演や端役を主人公で登場させるファンアートも多い。あるアゲラーは“単純にずば抜けた外見だけ持って 2次創作物を生産するより、組 • 端役キャラクターからインスピレーションを受けて誕生したファンアートが多いのが過去のファンアートとの差”と、“アゲルのファンアートは同時にレビューの役目もある。外見を綺麗に描くことから、ひいては話やキャラクターの属性を最大限に活かすファンアートが人気の理由”と言った。記者や評論家が映画を見てレビューを出すように、彼らも自分の感想をファンピックやファンアートで表現するという話だ。
e0148490_2223745.jpg
Ⓒ정그림 작가(Instar: drw_lovely)
何よりアゲルのファン現象は女性が連帯して苦難を乗り越える英雄物に対する喉の渇きと無関係ではない。最近の ‘江南駅殺人事件’のような女性嫌悪雰囲気が広まり、それによってフェミニズムイシューが触発されている状況で、<アガシ>を見て勇気を得たというアゲラーたちが多いと言う。大観友逹3は “その間、女性が主人公の韓国映画がなかったわけではないが、<アガシ>のように二人の女性主人公が階級と限界を乗り越えて自由を求める、通快な映画はなかった。女性間で女性が連帯するコンテンツに対する渇望が大きい状況の中で<アガシ>現われたようだ。”と説明した。だからアゲルファンたちは、何か一つの要素のために生じた現象ではない。女性が連帯する英雄物に対する喉の渇き、繰り返して見るしかないパク・チャヌク監督の演出スタイル、2次創作物とアイドルファンクラブ文化に慣れた女性観客など、多くの要素がかみ合って出た結果物に値する。
e0148490_2246041.jpg
Ⓒ보름 작가(twitter: @bormthemoon_)
封切りしてから 2ヶ月以上経っているにも関わらず、アゲルは相変らず騒々しい。去る 8月17日 IPTVで公開された<アガシ>拡張版のため、ゲルラーのN次観覧にまた火が付いた。劇場版が封切りした時のようにゲルラーは拡張版を見ながら知りたかったことを尋ねて返事をしている。<アガシ>の脚本所感も粘り強く上ってきている。<アガシ>が撮影に入って行く前、パク・チャヌ監督、キム・ミ二、キム・テリ、ハ・ジョンウ俳優が表紙を共にしたシネ21創刊 20周年-1000号、そして封切頃にキム・ミ二、キム・テリ、ハ・ジョンウ、チョ・ジヌンが共にしたシネ21-1056号の再発刊を進行するほど熱心だ。今までアゲルは‘聞くことも、報道も’できなかったコミュニティかもしれないが、すでの巨大な<アガシ>ファン世界だ。 現在アゲラーたちが野心満々と準備しているのは<アガシ>拡張版の劇場上映だ。再封切りでも、単館上映でも、特別上映でも上映方式がどうなるかわからないが、今まで見せてくれた彼らの熱情とファン魂なら不可能な事ではないだろう。特にオグロ(インターネット掲示板に悪意的な文を書く人)はほとんど見当たらず、お互いを誉めて肩組みする雰囲気なら何事もやりこなせるようだ。あ、私も「チャットを見るだけ」を終わらせて、IDを作った。IDは秘密だ。
e0148490_2335587.jpg
Ⓒㄴㅇㅇㅅ 작가(twitter: @neys0125)

15.06.15 <アガシ>クランクイン。
15.10.31 <アガシ>クランクアップ。
e0148490_2354845.jpg
16.05.14 <アガシ>カンヌ国際映画祭上映。アベンジャーズ (パク・チャヌク監督、ハ・ジョンウ、キム・ミ二、チョ・ジヌンゾ、キム・テリを一斉に称える言葉)の開始。
16.06.01 <アガシ>国内封切り、N次の開始。
16.06.04 <アガシ> 100万観客突破。
16.06.06 <アガシ> 200万観客突破。
16.06.07 <アガシ>ゲル生成。
16.06.10 光反 VS 金箔論議開始(3部でヒデコ (キム・ミ二)がイチゴを食べようとしたが、歯牙がきらめく場面にゲルラー間で‘イチゴにあった金箔が歯牙に付いた’と ‘カメラに反射した光’という論議が起った事件)。
16.06.12 <アガシ> 300万観客突破。
16.06.26 <アガシ> 400万観客突破。
16.07.18 模倣フィルム手紙認証(アゲルが<アガシ>問い合わせのため迷惑をかけて申し訳ない、これから O.S.T、シナリオブックなどの関連商品をたくさん作ってほしい、とお願いする手紙を模倣フィルムに送ると、模倣フィルムが手紙認証ショットを撮ってアゲルに上げた事件。手紙内容は現在アゲル概念文公知に上がっている)。
16.07.21 シネバカンスソウル前売り大乱。
e0148490_23185819.jpg
16.07.27 VOD サービス開始、光反 VS 金箔論議終決(ゲルラーが VODを見た結果、光反であることで明かされる。最初金箔を主張した金箔ラーが血書き謝罪文を出し論難が完了)、VOD 発売開始による不法ダウンロードとの戦争開始。
e0148490_23255863.jpg
16.07.28 模倣チョゴン認証。
16.08.10 竜チョゴン(竜フィルムに贈り物伝達)。
16.08.12 デ-レックトスカットアワーズ キム・ミ二とキム・テリそれぞれ主演女優賞と新人女優賞を受賞。
16.08.14 CGVアックジョン上映中。N次進行中。
16.08.15 <アガシ>シナリオブック販売開始。
16.08.17 <アガシ>拡張版 IPTV 封切り。
16.08.21 <アガシ>拡張版シネバカンスソウル上映、パク・チャヌク監督とビョン・ヨンジュ監督 GV。
16.08.27 <アガシ>拡張版シネバカンスソウル上映、パク・チャヌク監督とキム・テリ GV。
e0148490_233108.jpg
Ⓒnoro 작가(twitter: @noro_kk)
アゲル隠語辞書

アゲルを訪問すると慌てるかもしれない。現在使わない表現が溢れているからだ。チャットしてみる 3ヶ月を越すと理解できるアゲル隠語を紹介する。

刺まで取って食べる[刺まで:取って食べる] 1部に登場するハ・ジョンウの台詞“刺まで芽すべて取って食べてしまうから”から取った言葉だ。 映画の内容に関わる文を徹底的に見て吟味するという意味で使われる。

ゲルク[ゲルク] ‘ギャラリークリティカル’の略語でゲルラーの荒唐と笑わせる解釈を見た後、劇場でその場面を思い出して感情移入が邪魔になる現象。

ゴジュッキ[コ:ズキ] コウズキ

グウゼンデスネ[グ:ゼンデスネ] 伯爵(ハ・ジョンウ)の日本語台詞だが、“こんな所でお目にかかるなんて?” という意味だ。オフラインでゲルラーと推定される人を見つけた時、嬉しさを表現する挨拶に使われる。

ナムバムォ[ナムバ:ムォ] ヒデコの台詞の中で“男が望むのは何か?”を減らした言葉。ゲルでは場面に言及して話を交わす文が多いが、略語が主で使われる。また、他の単語に応用されたりする。

似ている例

ネインマンググタスックスックネゴックナネゴック … 私の人生を破壊する私の救援者私のタマコ、私のスッキ、スッキや、私が心配になる?私はあなたが心配になる。

応用表現例

ゲルバムォ[ゲルバムォ] ゲルラーが望むのは何か?

トンム[トンム] 他のゲルラー。“友というのはこんなことなんだね”というヒデコのナレーションから引用した言葉。

デコスキ[デコスキ] ヒデコ(キム・ミ二)とスッキ(キム・テリ) カップル指称。

創造主[窓:造主] ゲルラーのご両親。

オスト[オスト] <アガシ> O.S.T.

イミオス[イ:モソ] 主題曲が来る音。

ジニー[ジニー] アラジンでランプから出て願いを聞き入れる妖精。アゲルでゲルラーが望むことが起る度に、製作者を持ちなさいと呼びながら感謝解夏であり、仕事をもっと熱心にしてくれるのを願う。

地下室に閉じこめる[地下室に:閉じこめる] コウズキ(チョ・ジヌン)の地下室とパク・チャヌク監督の前作<オールドボーイ>を合わせた表現で、各種ファンアートを持ってくるゲルラーを奨励する言葉。

フォーティ[フォー:ティー] フォトチケット。公式スチールやポスターではないファンアート。 N次観覧したと認証する時に使われる。
e0148490_23574435.jpg
Ⓒㄴㅇㅇㅅ 작가(twitter: @neys0125)
アゲル ゲル主 ウリウッキ(パク・チャヌク監督)の一言

パク・チャヌク監督はアゲルのゲル主だ。‘アゲル’の主人という話だ。当たり前だが彼はアゲルの存在をよく知っている。アゲルラーたちもゲル主がアゲルを知っている事実をわかっている。だがゲル主はゲルを出入りしない。“アゲルを初めて知った時、暇があれば入ってみたかった。しかしゲルラーが自分たち同士で遊ぶのに、私が覗き見したら恥ずかしいだろうと、その気持ちが理解ができる理由を切った。”
一気に切るのは大変だったろう。禁断症状もあるだろう。 “(アゲルに入って行くのを) 堪えるのが一番大変だ。妻が面白い文を厳選して見せてくれるから、何とか堪えられる。 そのようなウィットがあることにただ驚くだけだ。これほど創造的な人々に愛されたという事実が光栄だ。”
多くのファンアートの中でゲル主が面白く見た 2次創作物はマンガだ。朝正式にヒデコに初めての挨拶をするスッキが本名を言うせいで放送が終わるマンガはゲルラーなら一度見たはずだ。“2次創作ではないがシナリオ本を出刊してくれと言う‘ラップ’も良かった。また、ゲルラーが付けてくれた‘俳優変態’というニックネームも誇らしい。”
彼の言葉を聞くと、アゲルが彼に多くの勇気と力を与えたようだ。 “いくら映画祭で賞を受けて良いレビューを得ても、観客が映画が難しいとか不愉快だからとぐずぐず言う話だけがしきりに聞こえてきて、正直ちょっと気が抜けたことも事実だった。そうするうちにこのような反応に接して、どれだけ嬉しく力が出るだろうか。それにこんなに創造的でこんなに利口な人々が私の映画を愛してくれるとは!だからこそ私がどれほど逞しい監督にならなければならないことか。”

以上です。
隠語過ぎて途中で何と訳していいかわからない箇所もありました。
つなぎが不明なところもそのまんま載せました。わかりづらくてもご勘弁を^^;

シナリオ本や拡張板の劇場公開など、ファンが動かした結果というのがスゴイ。
感動でもあります。
日本では来年早々公開されますが、同じ現象にハマる人がいないとも限りません。
なので載せておきます(爆)056.gif



[PR]
by kusu_woo | 2016-08-29 00:25 | 아가씨/お嬢さん | Comments(2)
まだ上映中&これから封切りの地域もある中で、早くも発売が決定したようです。

amazon.co.jp dvd
e0148490_15424957.png

参考までにAmazonさんのURLをリンクしましたが、各通販サイトも確認下さい。

金額がちょっと高いな〜?と思ったら、珍しく日本語吹替えも付いてるんですね@@
それだけ力を入れてるってことでしょう。

発売予定日は 2016年11月2日 です。

予約をお忘れなく056.gif



[PR]
by kusu_woo | 2016-08-28 16:04 | 암살/暗殺 | Comments(4)
9月に渡韓予定のある方はチャンスです!

CGV아트하우스, 하정우 김민희 주연 '아가씨' 확장판 특별상영
e0148490_1381365.jpg
▲ 映画 'アガシ' 提供|CGV
[スポーティービスター=ソン・ジョンウン記者] CGVアートハウスが 'アガシ' 拡張版を特別上映する。

来る 9月 1日から CGVアートハウスアックジョン、西面、明洞駅シネライブラリ、汝矣島、オリで 'アガシ' 拡張版が上映される。
'アガシ' 拡張版は既存劇場版の 145分から 23分増えた 168分の分量だ。一部場面の編集手順が変わり、劇場版に含まれなかったセリフと場面が追加された。完璧な下女を装うために伯爵に教育を受ける 'スッキ'の分量が一部増え、各人物の感情を現わすセリフと場面が追加された。

CGVアートハウス劇場チームパク・ジエチーム長は“主要インターネットコミュニティサイトで 'アガシ' 拡張版劇場上映を本格的に推進するほど観客の上映要請が寄せられ、CGVアートハウスで の'アガシ' 拡張版上映をすることになった。熱烈なファンと繰り返し観覧された 'アガシ'の卓越な作品性と独特の魅力をもっと深く吟味することができる機会になるだろう。"と話した。

パク・チャヌク監督が演出してキム・ミ二、キム・テリ、ハ・ジョンウ、チョ・ジヌンが出演した 'アガシ'は、1930年代日帝強制占領期間の朝鮮で莫大な財産を継ぐようになった貴族のお嬢さんと、お嬢さんの財産を狙う伯爵、そして伯爵に取引提案受けた下女とお嬢さんの後見人まで、お金と心を奪うためにお互いにだまされて欺く人物たちの話を描いた作品だ。

第69回カンヌ国際映画祭で好評を博して全世界 176ヶ国に先行販売され、韓国映画だは初めて技術大賞にあたるボルカン賞を受賞した。去る 6月 1日封切り、歴代青少年観覧禁止映画最短時間 200万観客動員記録を立て、400万を超す観客を動員した。

日本公開時はどちらが上映される?
当然拡張板と思いたいですが、何だって長時間だし〜お尻が痛くなること必至(爆)
どうなるか。。

熱烈な「アガシ」ファンたちの記事がシネ21から出ています。
すごく面白いので次回載せたいと思ってます056.gif



[PR]
by kusu_woo | 2016-08-27 01:59 | 아가씨/お嬢さん | Comments(0)
続きです。

翌日は朝のうちに『トンネル』2回目を鑑賞。
1回目より落ち着いて、今度は突っ込まずに素直に観ました^^すると、感じ方が違ってきます。
外で夫を救うために奮闘する妻、ペ・ドゥナさんの演技が光っていることを認識。
オ・ダルスさんも劇中カーアクションまでこなして素晴らしいです。

そういや前日の朝は『国家代表2』を観まして、こちらのダスルさんは水を得た魚でした。
かえって『トンネル』の隊長という役柄の方が今までにない姿を見られるのかもしれません。

『国家代表2』の冒頭には『1』のジョンウがチラリと登場しています。
スポ根好きの私にはたまらない作品なんですが、どうしても『1』と似かよる感は否めない。
それでも感動します。泣かせます。くぅぅ〜><
…おっと、それでは報告です。


8/14(日)2日目

2日目も暑かった@@;1日目より多少慣れた感じはありましたが…暑いものは暑い!
前日、ジョンウがさらさらサインをしながら言いました。「韓国は暑いでしょう」
私は間髪を入れず「ネー!暑いです!」と答えましたよ、正直に(笑)

初回の挨拶に向かう監督&ジョンウの一行。
e0148490_09759.png
次は徒歩で数分の映画館でしたが、当然ジョンウたちはバスに乗ります。
一旦停車して時間が来るまで中で待機してるんですけどね、この後とんでもないラッキーが!

私たちと韓国のアガシファンが立っているのは日除けもない映画館入口。
曇ってはいたものの、紫外線も強くて蒸し暑い!しかも時間はまだまだという状態。
ふと気づくと、黒い紙袋を両手に持った男性が我々に近づいてきました。あれ?この人は…

「ハ・ジョンウさんからです」と、ジョンウの付き人から差し出されたのは
冷たいアイスアメリカーノ!

6人だったので、ちょうど6個が1バックに入ってました。
e0148490_0281532.png
PASCUCCI のコーヒーでした。
e0148490_028292.png

うわーっ!すごい、逆差し入れだ!

遠慮なく「カムサハムニダ〜!」と受取りましたが、待てよ?
私たちの前方にいる十数人の韓国ファンに対してはどうしたら…?
すると、付き人さんはもう1つのバックにある6個&紙コップを彼女たちに持って行きました。
どうやら人数が多いので分けてという主旨らしい。

我々のも含めて分けようと申し出る?と考えましたが、いやかえって複雑なことになってもと、
ご好意に甘えて一人1個ずつ、静かにいただきました。しかし、ジョンウの気遣いが素敵過ぎる!

そういえば、『ローラーコースター』の時もお菓子の差し入れいただいたんですよね^^;
✨本当にありがたや✨ 『ローラーコースター』舞台挨拶レポ

思いもよらなかった出来事で気分は上々。
もちろん、その場にいた全員が映画館に入場するジョンウにお礼を言いました。
「オッパー!コマウォヨ〜!!」←一緒にオッパーと言えない寂しさ(爆)

舞台挨拶中の監督&ジョンウ。
e0148490_1161887.png
今日も子犬のテンイ人形を観客にプレゼント。
e0148490_117822.png
テンイが在庫切れなのか、サバイバルキットに変わった時もありました⬇
e0148490_0414316.png
こちらがみそさん提供、キットの中身生写真。みそさん、ありがとうございます。
e0148490_0424969.png
Dr.Youが食べたくなります(笑)

この日、ペ・ドゥナさんは撮影のため欠席でした。お土産持ってきたのに結局渡せず。。
ダルスさんも『国家代表2』の舞台挨拶に参加していたのか、お顔拝めず。。
ちょっと残念でした。

みんなで持ち寄った写真の中に、ジョンウに近いショットがあったのでご紹介。
e0148490_048071.png
千手観音みたいに手がいっぱいあったら全員にサインできるのに〜@@
e0148490_0474446.png
インタビューでも言ってましたが、額の吹き出物、ずっと赤かったです。
e0148490_1173225.png
ほとんど後ろに張り付いてる写真(ミヤネヨ〜)
e0148490_0495514.png
バスの中が少し見えた写真も。狙ったわけではありません^^;
e0148490_165128.png
舞台挨拶の告示はこんな感じ。
e0148490_18518.png

その日の行程も終わろうとしていました。昼抜きでお腹ペコペコ。夜はがっつり食べたい。
そういえば、ジョンウが「暑いから冷麺でも食べて帰って」と挨拶で言ってました。
3日間の行程中、何回かバスにお弁当が運び込まれたのを目撃しましたけど、
冷麺を一番食べたかったのはジョンウかもしれませんね〜

我々はタッカルビの夕食♪

e0148490_1431669.png
e0148490_1432714.png

次回はパッピンスの写真を載せようかな? 暑くて毎晩食べてました(爆)

続きます056.gif



[PR]
by kusu_woo | 2016-08-25 02:12 | 터널/トンネル | Comments(0)
8/20(土)に行われた釜山海雲台での『トンネル』レッドカーペット行事。

ムービービーより、フルバージョン動画が上がりました。わーい♪
みそさん、お知らせありがとうございました♡



う〜46分、私もまだ全編見切れていません(苦笑)

お時間ある時にゆっくりどうぞ〜056.gif



[PR]
by kusu_woo | 2016-08-22 01:04 | 터널/トンネル | Comments(0)
『トンネル』公開第1週目に行われた舞台挨拶に行ってきました。

何しろお盆なもんで、飛行機代が高くてどうしようかと悩みましたよ><
いろいろ検証した結果、1日ズラせば多少お安くなると気づきました。
やる事のない1日を作ればいいんだ、ゆとりができたと考えれば。そうしよう、では何しよう♪

なーんて、最初はそんな風に考えていたのですが、舞台挨拶の日程が発表されてビックリ!!
韓国は三連休だったというオチが。
つまり、ゆとりが消えて怒涛の1日が追加されただけという顛末。。。


8/13(土)1日目

地下鉄のホームにて、映画の宣伝板。
e0148490_21708.png

わっかちゃいるけど、ソウルは蒸し蒸しで暑かったです♨♨♨
3年前の『テロライブ』の時も同じような暑さで、半分熱中症になりかけたことを思い出す。
どうやって乗り切ろう、なんーて言ってる間に来た来た!

ukiのバスコレクションより。
e0148490_2222943.png

その日ジョンウと一緒にバスから降りてきたのはペ・ドゥナさん!
本当はジョンウだけの予定だったのに、うまく調整できたんですね✨
数年前、是枝監督の『空気人形』舞台挨拶(@日本)でお見かけした以来なんですが、
更に細くてお顔が小さくて、もうお人形さんのよう〜と我々絶賛!

舞台挨拶中のジョンウとペ・ドゥナさん。
e0148490_2473322.png
仲良さそうなお二人。雰囲気がすごくイイ♪
e0148490_252763.png

ここで初めて正直に言いますが、
ジョンウが共演した女優中、舞台挨拶中にいい人だ^^と感じたのはペ・ドゥナさんが初めて。
女優は常に隙をみせないようにしているし、ほとんどの人がジョンウを取り巻くとなれば、
スタスタと通り抜けていく姿が余計近寄り難くおすましなイメージ。まあ当然か。
巷で好感度が高いと言われても本当は意地が悪いんじゃ?と感じる方もいました^^;
個人的な見解ですが。

でもペ・ドゥナさんへの感じ方は違いました。本当ににこやかで素敵な方です016.gif
ジョンウもリラックスして楽しそうに見えました。

彼女が来るとは思わず、私はお土産を持って行かなかったんですが、
直接プレゼントを渡したsakaki☆さんやutakoさんによると、
本当に嬉しそうに受取ってくれて感じが良かったとか。よくし。

さて、写真でジョンウとペ・ドゥナさんが抱えているのは?
劇中に登場する子犬テンイの人形です。お二人が座席番号の紙を引いて観客にプレゼント。
その時はたまたま私たちの隣の女性が引き当てました。当然撮らせてとお願いする(笑)

本物みたいに写ってますが、この子とっても固いんです。
e0148490_23442142.png
この後、最初のラッキーが。

初めて行った映画館のEVホールで、勝手がわからずぼーっと立っていた時のこと。
結果的にジョンウ一行をお迎えする形になったのですが、何故だか私たち以外のファンが少ない。
ふいにやって来たジョンウに「後でサインをお願いしま〜す」と声をかけることができました。
♡りえみんさん、いつもありがとうございます♡
ジョンウは忙しく歩きながらも「うん、うん」と頷き、帰りにちゃんとサインをしてくれました。
ありがとうございます^^

偶然撮れてた動画からのキャプ。群がるウリ(笑)
e0148490_349270.png
スマホケースの内側にいただいたサイン。
e0148490_346456.png
映画チラシへのサイン。
e0148490_434966.png
ジョンウの後姿。ただの黒TシャツではなくLOEWEでした。
e0148490_433157.png

その日は夕方からV LIVEがありました。
舞台挨拶の合間に中継しちゃおうという一石二鳥な企画。ご覧になった方もいらっしゃるかと。
ド・ギョンスさんの演技を褒めたことで日本でも話題になってましたね^^
ハ・ジョンウ「EXO ディオ、すごい才能を持っている俳優

私たちはジョンウが中継している建物の屋外でLIVE鑑賞していたのですが、
あれ?ロカルノ映画祭に行ってるはずの監督も映ってる!帰国したのか。
その時点でペ・ドゥナさんと交替したもよう。

ここで閃く。監督にサインをいただこう!へへへ037.gif

行程を終えて出て来たジョンウの後方にキム・ソンフン監督の姿がありました。
多くのファンがジョンウに駆け寄った隙に、我々は悠々監督の元へ。
「観ました。面白かったです。」と言うと、「ありがとうございます。」と、
チラシにもそのまま「カムサハムニダ」と書いて下さいました。

e0148490_2349132.png

ここでちょっとしたオチが。この日は8/13。
チラシの日付は8/14になってます。監督、帰国したばかりで時差があったようですね(笑)

「面白かった」と監督に言ったものの、その時点で『トンネル』鑑賞はまだ1回。
日本だったらこんな展開になる?とか、ジョンウは丈夫過ぎるんじゃ?(苦笑)とか、
本当は没入できずにいたのに、ちょっとだけ監督にウソ言いました(謝)
翌日2回目を観て感想も変わるんですけどね^^;

ひとまずここまで。
盛り沢山の話はまだまだ続きます056.gif



[PR]
by kusu_woo | 2016-08-22 00:51 | 터널/トンネル | Comments(2)
単に500万超えを話題にした記事かと思ったら…結構感動の内容でした。

ペ・ドゥナさん、今回ますます好きになりました。
本当ににこやかで素敵で感じがいい人だったんですよ〜まさか睡眠時間を削ってたなんてTT

하정우 배두나, 프로흥행꾼이 ‘터널’을 대하는 자세[하하하 500만②]
[ニュースエン ユン・ガイ記者]
'トンネル'(監督キム・ソンフン)がまさしく500万観客突破を目の前に置いている。8月 20日までの累積観客数は 465万6550人。早ければ 21日中に500万突破が有力だ。

特に夏シーズン興行に強いハ・ジョンウは今年も間違いなく 'トンネル'で祝杯を飲むだろう。先立ってハ・ジョンウは '国家代表'(2009)で 800万名余、'ザ テロライブ'(2013)で 550万名余、'群盗 泯乱の時代'(2014) で477万名余、'暗殺'(2015)で 1270万名余の観客を動員した。面白いのは、これらの映画はすべて夏に封切りした作品とうことだ。
e0148490_2121688.jpg
e0148490_21315314.jpg
今年も決心したように(?) 夏市場に出師表を投げたが、興行を楽観することはできなかった。主要配給社のテントポール映画たちが先に進んだり後に従ったりと参戦したからだ。例がなかった猛暑のように、どんな日よりも熱いボックスオフィス戦争史に記憶される見込みだった。その中で 'トンネル'は封切り以後10日を越えてもボックスオフィスから下がらなかったあげくに、結局 500万観客達成を眺めるようになった。損益分岐点(320万名)はとうに過ぎているため、気持ち良く高いシャンペンを何本か味わってもいいだろう。

ハ・ジョンウは興行保証小切手だ。今度も笑いと感動の間を悠悠と泳いで観客を吸い込んだ。トンネルの中で大部分が満たされる中にも、彼の演技は踊っていた。しかし封切り後、彼の演技に対する賛辞や映画の興行勢とは反対に、俳優ハ・ジョンウ個人のイシューが飛び出し、しばらく散漫だった事もあった。長年の所属社との別れ、新しい所属社への移籍問題が公論化されたからだ。

特にハ・ジョンウと現所属社ファンタジオが10年を越す縁を続けてきたという点で、別れを取り囲んで業界はもちろん大衆まで多くの言葉を発し始めた。初報道が出た日、よりによってハ・ジョンウはマスコミを相手に、出演陣の中でただ一人でインタビューを進行中だった。ややもすると彼の事務所問題で映画に対する関心が分散する所だった。しかしハジョンウは普段と変わらず、プロらしい余裕で混乱を越えた。このためなのか、ハ・ジョンウと所属社が刃を向ける状況になる兆しもあったが、事態は落ち着いた。

それだけではない。'トンネル'の主人公としては断然ハ・ジョンウが大きく挙論されるが、実はべ・ドゥナとオ・ダルスの功はとても大きい。特にトンネルに閉じこめられた夫(ハ・ジョンウ)を待つ妻に扮したべ・ドゥナは、どうしても観客にとって一番感情を没入することができる位置にいる。トンネルに閉じこめられるという想像よりは、自分の家族が災難に遭った時、対処する立場になって見るのが 'トンネル'の一つの妙味だ。ハ・ジョンウの間一髪同様、トンネルの外で地団太を踏むべ・ドゥナの姿が映画の緊張を極大化させた。

ところが封切り前後でべ・ドゥナは意図しない気苦労を負わなければならなかった。韓国撮影が進行中の米ドラマ 'センス8' シーズン2のスケジュールのためだった。積極的に広報活動に参加したかったが、あらかじめ契約した 'センス8' 撮影のために時間を作ることが困難になった。主演俳優なら必ず出席するマスコミ配給試写会にも参加することができなかった。代わりに以後に開かれた VIP 試写会に参加し、舞台挨拶にも身体が空き次第に共にした。ハ・ジョンウ-べ・ドゥナ夫婦で呼吸した俳優が力を合わせると、映画の興行勢はもっと加速ペダルを踏んだ。

べ・ドゥナはマスコミインタビューはもちろん、予定されたすべての広報スケジュールを共にできなくて焦ったという裏話だ。そこで一日1~2時間しか寝れない状況でも 'トンネル' 舞台挨拶に参加する熱意をみせた。

'トンネル'はそのようにして興行祝砲を撃った。ハ・ジョンウとべ・ドゥナ、二人のプロ意識が映画の興行を手伝ったことになる。果して 500万を越して1千万動員まで夢をみることができるのか、期待が集まる。

SHOWBOXFacebookに、500万突破の写真が上がっています。
監督とジョンウと3人で、とっても息が合ってますね^^

SHOWBOXFacebook
e0148490_21505099.jpg
e0148490_215115.jpg
e0148490_21511268.jpg
e0148490_21514119.jpg

500万人突破、おめでとうございます!024.gif016.gif056.gif



[PR]
by kusu_woo | 2016-08-21 22:00 | 터널/トンネル | Comments(0)
写真が重複するものもありますが、釜山まとめということで。

‘터널’ 하정우 “탱이와 호흡은 기적..개사료 안주로 최고”
[ニュースエン ペ・ヒョジュ記者]
'トンネル'が海雲台を熱く焼いた。
映画 'トンネル'(監督キム・ソンフン)が 8月 20日午後海雲台をひっくり返して湧いた。この日海雲台の白い砂浜には猛暑にもかかわらず 'トンネル'の海雲台レッドカーペットイベントに参加した俳優ハ・ジョンウとキム・ソンフン監督を見るために朝から数千人の人波が殺到した。
e0148490_1432720.jpg
e0148490_1434050.jpg
e0148490_1435283.jpg
e0148490_1441945.jpg
ハ・ジョンウは“今この時間が私にとっては夏休みようだ。本当に気持ちがいい。”と観客に感謝の気持ちを伝え、キム・ソンフン監督もやはり“小部屋で 'トンネル'のシナリオを書き始めてから正確に 2年が経った。今この瞬間を気持ちよく迎られて非常に嬉しい。感謝する。”と、観客に熱い拍手を浴びた。

またハ・ジョンウとキム・ソンフン監督は映画中‘ハンドライト’‘テンイ’‘ドッグフード’に関する愉快なエピソードを打ち明けて現場を笑いの渦にした。実際真っ暗でな現場でハンドライト一つで 熱演したハ・ジョンウにキム・ソンフン監督は‘照明はやはりハ・ジョンウ。’と言いながら親指を立て、映画祭で照明賞を受賞したらハ・ジョンウに回す、と言った照明監督の言葉を伝えて笑いと共に拍手喝采をさそった。

映画中の子犬 ‘テンイ’に似ている人形が舞台に上って来ると、現場にはもう一度大きな声が上がり、 ‘テンイ’の途方もない人気を感じさせた。テンイとの呼吸を尋ねる質問にハ・ジョンウは“驚きの連続だった。奇跡のような事に向い合った。”と当時の撮影場エピソードを話し、会場を抱服絶倒させた。映画の中 ‘ドッグフード’モッパンに対しての質問にハ・ジョンウは‘ビールのおつまみに最高。’という笑い話で現場の雰囲気をさらに愉快にさせた。
ー後 略ー(写真=ショーボックス)

何だかとっても楽しそうでしたね〜行きたかった>< が!
朝から場所取りに並んだんでしょうか?海岸に数千人が?@@;
すごいです。

現在は大邱にて舞台挨拶が行われています。
現場のみそさんから写真が届きました。今まさしく忙しそうです(笑)
e0148490_14303994.jpg
早速、ukiバスコレクションに加えたい1枚。
e0148490_1430569.png
今日はペ・ドゥナさんも同行とのこと。いいな〜

現在、先週のソウル舞台挨拶レポを一生懸命書いています。
掲載までもう少しお待ち下さいね〜

みそさん、頑張って〜056.gif



[PR]
by kusu_woo | 2016-08-21 14:36 | 터널/トンネル | Comments(0)
OSENさんがいっぱい写真を載せてくれてます♪

[사진]하정우,'브이 날리며 입장'[OSEN=釜山、イ・ドンへ記者] 20日釜山海雲台海水浴場で開かれた映画 'トンネル'(監督キム・ソンフン) トーク及びレッドカーペットイベントで俳優ハ・ジョンウが入場している。
e0148490_2317034.jpg


[사진]하정우,'하이파이브도 박력 넘치게'[OSEN=釜山、イ・ドンへ記者] 20日釜山海雲台海水浴場で開かれた映画 'トンネル'(監督キム・ソンフン) トーク及びレッドカーペットイベントで俳優ハ・ジョンウが入場してファンと握手をしている。
e0148490_23242029.jpg


[사진]하정우,'하이파이브도 박력 넘치게'OSEN=釜山、イ・ドンへ記者] 20日釜山海雲台海水浴場で開かれた映画 'トンネル'(監督キム・ソンフン) トーク及びレッドカーペットイベントで俳優ハ・ジョンウが入場してファンと握手を交わしている。
e0148490_23283397.jpg


[사진]하정우,'셀카 찍어드릴게요'[OSEN=釜山、イ・ドンへ記者] 20日釜山海雲台海水浴場で開かれた映画 'トンネル'(監督キム・ソンフン) トーク及びレッドカーペットイベントで俳優ハ・ジョンウがファンと自分撮りを撮っている。
e0148490_23302419.jpg


[사진]하정우,'화끈한 팬 서비스'[OSEN=釜山、イ・ドンへ記者] 20日釜山海雲台海水浴場で開かれた映画 'トンネル'(監督キム・ソンフン) トーク及びレッドカーペットイベントで俳優ハ・ジョンウがファンとハグしている。
e0148490_23333424.jpg


[사진]하정우,'부산팬들 너무 고마워요'[OSEN=釜山、イ・ドンへ記者] 20日釜山海雲台海水浴場で開かれた映画 'トンネル'(監督キム・ソンフン) トーク及びレッドカーペットイベントで俳優ハ・ジョンウがファンとハイタッチしながら入場している。
e0148490_23421764.jpg

キリがないのでここら辺で^^;
どういう事態だったのかは⬇の記事で。

‘터널’ 하정우X김성훈 감독, 오늘(20일) 부산 해운대 뜬다
[ニュースエン イ・イスル記者]
ハ・ジョンウとキム・ソンフン監督が 'トンネル' 舞台挨拶のために釜山を訪ねる。

封切り 2週次週末の 8月 20日 'トンネル'(監督キム・ソンフン) 釜山地域舞台挨拶を進行する。この日午後 7時、海雲台海水浴場では釜山観客に近寄る予定だ。‘ヒットだヒット!ハ・ジョンウ&キム・ソンフン監督と共にするレッドカーペットイベント’を進行する。
e0148490_052379.jpg
e0148490_054137.jpg
封切り6日で300万観客を突破、変わらず興行疾走を引続けている映画 'トンネル'が、封切り2週次舞台挨拶を定めた。熱いファンサービスで観客の全幅的な支持を受けてソウル舞台挨拶を終えた 'トンネル'の主役が、今週は釜山/大邱のファンに会う準備を終えた。

8月20日、21日の二日間で進行される舞台挨拶にはハ・ジョンウ、キム・ソンフン監督が参加する。 べ・ドゥナは現在日程調整中で、オ・ダルスは映画撮影などの日程で参加することができない。
'トンネル'は家に帰る道で突然崩れたトンネルの中に孤立した男と、彼の救助を巡ってるトンネル外の話を描いたリアル災難ドラマだ。

明日は大邱!056.gif



[PR]
by kusu_woo | 2016-08-20 23:49 | 터널/トンネル | Comments(0)