ブログトップ

ハ・ジョンウのすべてを PART.3

hajungwoo3.exblog.jp

ハ・ジョンウの情報サイト

カテゴリ:허삼관/許三観( 58 )

ちょっと間が空いてしまいましたが〜沖縄国際映画祭ー覚書ー① のつづきを。


★4/22(金)
夜19:10から上映の「ホ・サムグァン」を見るため、映画館に向かいました。
場所は昨年オープンしたばかりのイオンモール沖縄ライカム内にあるシネマライカム。
那覇からバスに乗って40分位かかったでしょうか。
e0148490_17175596.png
e0148490_17181616.png
もうイオンモール自体が巨大で巨大@@;映画館も綺麗でイイ☆
最初は那覇から遠い場所で上映するなんて!?と思っていたのですが、いやいや、
実際スクリーンも韓国ばりに大きかったし、大満足^^

私ukiとりえみんさんが到着したのが、上映 6時間前の午後 1時頃でした(早っ)
ジョンウへのお土産袋がかさ張っていたこともあるし、
直前に合流するutakoさんとkonさんは、ホテルも寄らずに荷物を持ったまま駆けつける事態。
とにもかくにも、あまりにも暑くて観光に行く気も起きないし、
じゃあ、快適なモール内でのんびり待機しましょう、ってことになりました。ははは
e0148490_17384530.png
e0148490_17383285.png
e0148490_18143268.png
広いフードコートでのんびりジョンウへの手紙を書いたり食べたり(爆)
テラスから海や丘の景色を眺めたり食べたり(爆爆)
おやつも含めると、中で2食半は食べました(爆爆爆)

無事にutakoさん・konさんとも合流。上映時間が近づき映画館へ向かいます。
e0148490_1891977.png
見たことないポスター。ちょっと写りが悪い。
e0148490_18141193.png

直前まで入りが心配でした。予約状況は半分以下で、当日券がどれだけ出るか気をもみました。
けれど結果はオーライ。開会式で見た韓国ファンたちもいます。

上映が始まり、本当に皆さんじっくり観てましたね。クライマックスではすすり泣く声も。
そして、待ちに待ったジョンウ監督が登場!

舞台挨拶については再度リンクします。こちらでご覧下さい。
次回作に出演決定!? ピスタチオからの突然の申し出に出演陣も苦笑い

直撮り写真を紹介します。
e0148490_1225719.png
ハワイで焼けた?
e0148490_124222.png
沖縄でも焼いた?
e0148490_125010.png
ほら、誰よりも焼けてるでしょ?頬も赤いし。
e0148490_1254019.png
で、焼いたでしょ?(しつこい)
e0148490_127857.png

それでは、舞台挨拶後の話を。




More
[PR]
by kusu_woo | 2016-04-30 03:28 | 허삼관/許三観 | Comments(12)
韓国でも報告記事が出ました。

하정우, 감독으로 오키나와 방문 “더 좋은 영화 만들겠다”
e0148490_21324274.jpg
ハ・ジョンウが俳優ではなく、監督として沖繩を訪ねた。

ハ・ジョンウは去る 22日、沖繩県北中城シネマライカムにて、演出を引受けた映画‘許三観’の舞台挨拶に参加し、日本観客と会った。この日の舞台挨拶には演出と主演を同時に引受けたハ・ジョンウと、ハ・ソヨン役のミン・ムジェ、プロデューサーのアン・ドンギュ、MCを引受けた日本のギャグデュオ、ピスタチオが参加した。

監督として沖繩を訪ねたハ・ジョンウは“沖繩で皆さんにお会いできて非常に嬉しい。沖繩国際映画祭という、とても良い機会を下さって感謝する。”と所感を明らかにした。

監督に挑戦するようになった理由に対しては“映画人として演技だけでなく、映画を作る作業の深い部分に参加したくて監督に挑戦するようになった。監督は映画全体を考えなければならない。悩む部分も俳優と全然違う。”と言った。 引継いで、“もっと良い映画を作って沖繩にまた来たい。”と、監督で再度沖繩を訪ねたいという所感を伝えた。

この日、進行を引受けた日本の人気ギャグデュオ、ピスタチオは、“ハ・ジョンウさんの次回作に私たちも出る!”と出演意欲を現わし、ハ・ジョンウは“出ても良さそうでだ。”と、ピスタチオのびっくり発言を才覚ありげに受け、観客たちに笑いをプレゼントした。ピスタチオは“皆さん、聞きましたね。記者の人たちもメモして下さい。もう口約束ではないです。”と興奮した。ミン・ムジェは、 “キャスティング権限は監督にある。”と言って、和気あいあいした雰囲気の舞台挨拶につながった。

沖繩国際映画祭に招請された映画‘許三観’は、ハ・ジョンウが演出を引受けた作品で話題を集めた。持っているものはないが、家族さえ見れば幸せな男許三観が、 11年間他人の子を育てていたという事実を知りようになって起きる笑いと感動のコミックヒューマンドラマだ。去る 22日、沖繩映画祭で上映されて観客の好評を博した。

イートゥデービーズエンター沖繩(日本)=チャン・ジンリ客員記者

こちら、沖縄国際映画祭のニュースもお読み下さい。
次回作に出演決定!? ピスタチオからの突然の申し出に出演陣も苦笑い


本当に和やかな舞台挨拶で楽しかったです^^

以前は、まだ話が残っているのに通訳途中で切られちゃったり、過剰なサービス要求があったり、
どこの催しとは言えませんが、残念な日本イベントが多かったジョンウ。

沖縄国際映画祭自体も知られていくにはまだまだこれからですけど、
運営がしっかりしているし、何だかとてもいいのでは?と感じました。
ジョンウもやっと自分に向いてる映画祭に参加できたのでは? 私個人の感想ですが。。。

舞台挨拶の動画を載せているインスタも発見。ぜひ検索を056.gif



[PR]
by kusu_woo | 2016-04-26 22:47 | 허삼관/許三観
24日、沖縄映画祭が閉会を迎えました。
そして同日、ジョンウは午後1番の直行便で無事帰国したそうです。

今回は想像もつかなかった来日の仕方で(笑)本当にビックリしました。
そもそもは 3/10に行われたハウル主催のセンイルパーティーにて、
「沖縄映画祭に行く」とご本人が公言したことから始まってます。
本当なのか? 舞台挨拶が発表になった 4/8の確定まで、約 1ヶ月かかりました。

その後熊本で地震があり、それどころではないと迷ったのですが…
結局、行ってしまいました@@;
レポと言うほど話題もなく、ただ忘れないように覚書として記しておきます。


★4/21(木)
午後早い時間にジョンウが沖縄に着いたと聞きました。
それでも、この目で見るまでは信じられない@@;トラウマのせいです(爆)
ジョンウ一行は当初予定されていた那覇のホテルから変わって、急遽北谷に向かったとか。
それこそ実際に見てはいないのですが、泊まったとされるホテルはここ

レッドカーペット参加と聞いていたのに、波の上うみそら公園の会場から遠いのでは?
こりゃ到着が遅くなるかもと思いながら、我々も会場に向かいます。
e0148490_2214016.png
本当に蒸し暑かったです。
すでにレッドカーペット前から会場周辺はすごい人だかりに。
e0148490_238851.png
よく見ると、レドカも会場も片側にしか一般客のスペースがない。
レドカ片側はメディア用、会場片側は関係者入退場用になっています。
できればレドカは両側から見られるようにしてほしかった。もう隙間から覗くしかありません。
参加者全員がレドカを歩いて会場に入るまでに相当な時間が流れました。
またトラウマが発動(笑)ジョンウは本当に来るの??

暑さにやられて油断した時、突然隙間から見えたブルージャケットにサングラスの男!
思わず叫ぶ「ハ・ジョンウッシ〜!」 …聞こえるはずもありません。
ジョンウはサインサービス中の有名人を横目にスイスイ(笑)止まる気は毛頭もない足取り。
一応追いかけてみましたが、全く見えましぇ〜ん。

その時、同じ方向へ走る韓国人女性たちが目に入ります。手には「許三観」のDVDとサインペン。
ああ、ファンが来てるんだ〜と、逆に彼女たちを追いかける私(笑)
すると彼女たちが指差す方に、席に座る瞬間のジョンウがチラリと見えました。本当に来た♪

彼女たちの会話を聞くと、とりあえずジョンウに声をかけることに成功したようでした。しかし、
ジョンウは「ネーアニョハセヨ」と返しながらも、DVDにサインすることなく行ってしまった様子。
彼女たちは猛烈に悔しがってましたね。怒ってると言ってもいいほど^^;
まあ、彼には止まる気がありませんでしたから(確信)仕方ないです。

とにかく座っている位置はわかりました。
式が始まり各方面からの挨拶が続きます。これも長かったですが、省くことはできない開会式の要。
ともすれば単調になるところ、今田耕司さんの司会がもの凄く上手かったです^^
雰囲気がちょっと停滞すると、絶妙なツッコミで会場を和やかにさせてましたね〜

なんですが、、、西川きよしさんに三点倒立を促した時は参った><
これ見てるジョンウはどう思ってるの?って。
映画祭に来たはずなのに、舞台上のそれ見て目が点になってたら…と焦りました(笑)

終盤、作品紹介が始まります。
e0148490_14115016.png
出た、許三観!!
大型スクリーンに映し出される映画紹介に続き、参席関係者にもカメラが向くのですが、
許三観チームが映った時はこんな感じ。
e0148490_14224342.png
全員でスクリーンを見ている体勢で、顔もハッキリわからない。
一番左の人は、記録に一生懸命の制作会社アン代表と思われました。
続く関係者二人向こうの青い柄シャツ&サングラスの人がミン・ムジェさん?
ミン・ムジェさんの隣、白Tシャツ&サングラスがジョンウ? 首が前に落ちてるから間違いない(笑)
暑くてジャケット脱いだんですね。

そんな状態の映像が映っても、他のチームと違って大きな拍手は起こりませんでした。
私のカメラ確認はここまでが精一杯。
各SNSでは様子を捕えてる写真も出ていたので探してみて下さい。

陽が陰った頃に開会式が終了し、関係者は一般客からは見えない側から退場します。
ひとまず追って、中が見えそうなフェンスから探してみる。
気づくと後ろには先ほどの韓国ファンたちが、我々と同じ方向を見て「あれだ!」と騒いでます。
とりあえずシャッターを切ったのですが…
e0148490_14573214.png
最初は背を向けるブル−ジャケットの人がジョンウかと思いました。けれど、
2枚目を見るとインナーがミン・ムジェさんのよう?
そしてその隣、何やら物陰から見える黒い腕は…もしや?
e0148490_1553145.png
なーんて、この程度で終了です(汗)

映画上映は翌22日の夜。
会場となる映画館は那覇から少し離れていますが、よく考えたらジョンウのホテルなら断然近い。
そんな理由で変更になったんでしょうか?
丸々1日、何をして過ごすのか?
ま、何をするにしても、豪華リゾートホテルからの景観を満喫するに違いないでしょう。

こうして我々も会場を後にしました。お腹ぺこぺこでしたからね〜
沖縄の熱い夜はこれからでした。

つづく056.gif



[PR]
by kusu_woo | 2016-04-25 15:47 | 허삼관/許三観 | Comments(2)
22日朝の記事。ちょっと写真が古いです@@

[OIMF]하정우, 감독 자격으로 오키나와行
e0148490_0222415.jpg
[沖繩(日本)=イーデイリースターin イ・ジョンヒョン記者] 俳優ハ・ジョンウが第8回沖繩映画祭に監督資格で参加した。
ハ・ジョンウは 21日、日本沖繩那覇市にある波の上うみそら公園で開かれた沖繩国際映画祭開幕レッドカーペットに参加して、日本の有名俳優と肩を並べた。久しぶりに立つ赤いカーペットを、決まり悪そうに足早に歩いた。
ハ・ジョンウは二作目の演出作‘許三観’が特別招待され、監督資格で沖繩へやって来た。22日午後 7時10分、沖繩北中城村にあるシネマライカムで上映会を持つ。舞台挨拶も予定されている。

‘許三観’は持っている物はなくても家族さえ見れば幸せな男許三観が、 11年間他人の子を育てていたという事実を知り、さまざまに起きる出来事を描いたコミックヒューマンドラマだ。 昨年 1月封切りした。

ハ・ジョンウはパク・チャヌク監督の新作‘アガッシ’に伯爵役で出演した。この作品は来る 5月 11日開幕する第69回カンヌ映画祭競争部門に招請された。

こちらは23日の日本記事からの抜粋です。
韓国の国民的スター、ハ・ジョンウの“神対応”にファンら熱狂
第8回沖縄国際映画祭の特別招待作品『ホ・サムグァン』が4月22日(金)、沖縄・シネマライカムで上映され、監督兼主演を務めたハ・ジョンウ、芸人の「ピスタチオ」らが登壇した。舞台挨拶終了後、詰めかけたファンに取り囲まれたハ・ジョンウは、快くサインや握手のリクエストに応え、神対応っぷりを見せていた。ー中 略ー

韓国では「俳優として1,000万人に愛される」国民的スターとして知られるハ・ジョンウの登場に、「ピスタチオ」は終始たじたじ。「いい匂いがしますね」と興奮しながらも、コメディアンとしての自分たちの認知を問うと、「先ほど有名な方だとお伺いしました」とハ・ジョンウに爽やかに回答され、喜びの笑みを広げていた。ー後 略ー
全文は上記リンク先にてお読み下さい。


チケットオープンになったのは上映2日前のこと。
予約は前列に集中し、真ん中がすっぽり抜けている状態で内心ハラハラでした。
ですが、それも心配無用に。
前列から後列まで若干のゆとりを持ちながらも、まんべんなく観客でうまっていたと思います。

私が直接撮った写真です。隣はハ・ソヨン役のミン・ムジェさん。
一緒来たのね〜とちょっと驚く^^;
e0148490_1204814.png

ミン・ムジェさんはどんな人?という方のために、過去のインタビュー記事をリンクしておきます。
[インタビュー] '許三観' ミン・ムジェ "ハ・ジョンウは弟ではない人生の恩人"

正直言うと、舞台挨拶にピスタチオさんが出て来た時は不安でした。
映画のことやジョンウのこと、スルーされちゃうんじゃないかしら?と思ったり^^;
ま、それも心配無用だったんですけどね。始終和やかでいい雰囲気の内に進行されました。
良かった良かった^^

裏話満載の沖縄レポはまた後日。
日付がとっくに変わって〜映画祭は今日24日が最終日です056.gif



[PR]
by kusu_woo | 2016-04-24 01:25 | 허삼관/許三観 | Comments(0)
本日出ました!!
上映が決まっていた沖縄国際映画祭にて、ジョンウ発壇決定です。
→過去記事『許三観』上映情報

第8回沖縄国際映画祭 ホ・サムグァン
e0148490_20364320.png

e0148490_2037155.png

日本では昨年のコリアン・シネマ・ウィーク2015でも上映されましたが、
まだ見ていない方はチャンス!
なんたって、ジョンウ監督に会える024.gif

細かいことはまた追々。。
まずは一報でした056.gif



[PR]
by kusu_woo | 2016-04-08 20:45 | 허삼관/許三観 | Comments(2)
今日やっと発表になったので載せます。

第8回沖縄国際映画祭 上映作品
e0148490_21362638.png

えーっと、タイトル「ホサングァン」じゃダメですか?^^;

4/21(木)〜4/24(日)まで沖縄県で開催される映画祭、吉本興業が協賛しています。
本日東京本部で正式発表があったようです。
「沖縄国際映画祭」概要発表 沖縄らしい季節の4月、県内各地で開催へ

一応コメディ映画祭なんですが、大丈夫でしょうか??
かつての 'したまちコメディ映画祭' を彷彿とさせる事態に戸惑いを隠せず。。。013.gif


そいでもって!…本当のところはホントにわかりませんが〜
もしかしたらもしかすると、ジョンウが参加する可能性がある…というお話です。

今まで半信半疑でしたが今日こうして実際にプログラムが発表になり、
かなり確立は高いような気がしてきました。
近いうちに発表になるでしょう。楽しみですね060.gif
カモン!ベイベ〜(爆)056.gif



[PR]
by kusu_woo | 2016-03-15 22:04 | 허삼관/許三観 | Comments(0)
日本で初公開、コリアンシネマウィーク2015で「許三観」が上映されました。
コリアン・シネマ・ウィーク 2015

10/24日(土)14時開映。
e0148490_0583158.png

定員に達したと聞いていたのに、ポロポロと空席がありました。私の隣席も。
予定よりキャンセルが多かったのか?抽選で漏れた方もいらっしゃったでしょうに〜
いっそ自由に買えるようにしてくれた方がいいかも…なーんて思いました。
e0148490_0522725.png

さて、私が観るのは韓国以来2度目。つまり、韓国では1回しか観ていないことになります。
こんなに鑑賞回数が少ないなんてことありえない(爆)
何と言っていいのかわかりませんが、韓国で観た時は「1回でいいやー」と思ったんですよ。

正直言うと、その頃は「国際市場」も上映されていて、どうしても父親像を比べてしまう。
何だか許三観という父親に共感できなかった。韓国の評価がそうだったように。
なんですが…
やっと日本語字幕で観て、その考えはちょっと早計だったかな〜と反省(ーー;
いや、良かったです!(今更@@)

最初に私が共感できなかったのは「感動させるならこうあるべき!」という思い込みのせいかも。
考えたら、許三観の方が本音を隠さず本当にリアルです。
かなり切迫した局面でも、実際なら苦笑してしまう瞬間もあるのが人間。
そんなリアルブラックユーモアを感じました。今回は。

もう1回、10/26(月)15時からの回も観ようと思ってます。
こちらは空席が確定しているため当日観覧できるとのこと。お時間ある方は是非。

公開当時舞台挨拶巡りのレポをピックアップしておきます。よろしければ読んでみて下さいね♪
それと、
今回あらためて感じたのは、音楽がすごーくいい!!ということ。癒されました♨
自分で載せながらよく見てなかったOST関連記事も↓(笑)

『許三観』舞台挨拶の旅 ①
『許三観』舞台挨拶の旅 ②
‘許三観’ OST、6ヶ国ミュージシャン 60人オーケストラ参加

その他の記事はカテゴリ「許三観」一覧からご覧下さい056.gif


[PR]
by kusu_woo | 2015-10-25 00:52 | 허삼관/許三観 | Comments(0)
やった!「許三観」が上映されます024.gif

第28回 東京国際映画祭 提携企画 コリアン・シネマ・ウィーク 2015
e0148490_2253845.png

期間中、2回の上映があります。
e0148490_23145199.png

観覧申込締切は2015年10月7日(水) ※ 応募には会員登録が必要です。

東京近郊の方はチャンスですね^^
応募方法詳細は上記リンク先で確認を056.gif
[PR]
by kusu_woo | 2015-09-16 23:18 | 허삼관/許三観 | Comments(2)
韓国のみそさんからお知らせいただきました。ありがとうございます!^^

e0148490_23191746.png

ワンズショップさんにありました〜紹介が「ハ・ジウォンの許三観」(苦笑)

5/20 発売。
どうやら俳優の直筆サイン入りのようですね。
もちろん、入っているとは限りませんが…運まかせで注文するもよし!
e0148490_23343793.png

この「だんご三兄弟」←古っ!みたいな「許三観三兄弟」のイラストがカワイイ♡

OSTも発売中です。YAHOO!JAPANショッピング
e0148490_23385545.jpg

他通販サイトでも取扱中です。
探してみて下さいネ056.gif
[PR]
by kusu_woo | 2015-05-09 23:45 | 허삼관/許三観 | Comments(0)
そういえば、
本作でのジョンウインタビューを全く載せてませんでした(笑)

[인터뷰] ‘허삼관’ 하정우 감독의 어제 오늘 그리고 내일
e0148490_2283195.jpg
俳優兼監督ハ・ジョンウは“許三観のヘアスタイルと服などに父の姿が溶けている。子供達と話す時のいたずらするような口ぶりも幼い時の父を思い浮かびながら演技した。”と打ち明けた。東亜ドットコム バン・ジヨン記者
神はハ・ジョンウに全ての才能をプレゼントしたのか。俳優が本業だが本も書いて絵も描く。一つだけでも大変な世の中で、芸術的な才能が溢れ出たかのようだ。

2013年には演出の領域まで手を広げた。低予算映画‘ローラーコースター’のメガホンを取った。 ‘信じてみる’俳優ハ・ジョンウの初演出作として関心を一身に受けた。27万人を記録したこの映画は、単純に興行的な側面では失敗した作品だった。しかし独特のハ・ジョンウ式ユーモアと感覚的な演出を通じて‘監督’ハ・ジョンウの可能性をうかがうことができた。

次の機会は思ったより早く尋ねて来た。世界的ベストセラー作家違和の代表作‘許三観売血記’を原作にした映画‘許三観’に会った。映画は何も持っていないが家族さえ見れば幸せな男‘許三観’が 、11年間他人の子を育てていたという事実を知って起こる話を描く。

先に主演許三観役の提案受けたハ・ジョンウは、製作過程から演出まで引受けるようになった。主演と監督を同時に引受けた映画で成そうとした初のマルチ作だった。

Q. 監督と同時に俳優という点が演出にどんな影響を及ぼしたか。

A. 長所で作用した。‘許三観’に出演するほとんどの俳優が前作で共にした方々だ。同じ俳優の立場で出演を提案することに気を遣った。一方的に説得するよりは‘力を貸してくれたら嬉しい。’と率直に近付いて通じたようである。

Q. イ・ギョンヨン、キム・ヨンエ、チョ・ジヌンなど、有名俳優が大挙登場する。むしろ没入を邪魔するという憂慮はなかったか。

A. その点はかなり悩んだが‘キャラクターが枠の外に出なければ大丈夫だろう。’と思った。また原作小説の膨大な量を 2時間の映画に圧縮してみると、大部分のキャラクターに対して説明が足りないのは当然だった。認知度がある俳優が参加すれば、シナリオの不足部分を満たしてくれるのではないかという期待感を持ってキャスティングした。

Q. 多くの俳優を一度に出演させた監督ハ・ジョンウのノウハウはあるか。

A. ノウハウのようなものは特になかった。無理をさせたこともなく当たり前な場面もなかった。私自身が構えて話すことを嫌がる。率直に全てを出して言うスタイルだ。
e0148490_22553363.jpg
Q. マルチで消化しながら特別に記憶に残るシーンがあるか。

A. 映画後半に許三観がソウル市内で一楽に会うシーンを撮る時が一番大変だった。エキストラが 350人位来たが、その前で感情演技と演出を同時にしようとする精神がなかった。私が涙をぬぐってモニターの前へ行って進行しなければならないのにきまり悪い状況ではないか。撮影後半部になれば俳優やスタッフは慣れてきていたが、エキストラは私を見て‘おかしな奴’と思ったかもしれない (笑)

Q. セットからディテールな小品までかなり神経を使ったようだが。

A. 初めはセットより山間村や海辺村の空き家を活用しようとした。ところがその方がセットを新たに作る位に費用がかかった。それで順天と往川に考証を土台にしてセットを作ることになった。小品に神経を使った理由は、情緒的に童話のような感じが出たらいいと思った。6 · 25 戦争直後だが、村の中央に小川が流れるような、その時代にも浪漫はあったはずだと思った。立寄ることができる休息所のような所?そこで大々的に小川の工事までした。

Q. 童話のような作品を作る監督ハ・ジョンウは、俳優ハ・ジョンウと違うように感じられるが。

A. ノワール映画ばかりと思われているのか? (笑) もちろんそんなジャンルも好きである。特にマーティン・スコセッシ映画やタランティーノ映画が本当に好きだ。今の私は新人監督としてその道を行く過程だと思う。人生をもっと生きて、もっと経歴を積みながら悟ることがあって、本当の‘私’を出すことができるまで待ちたい。その時までは本当に私が観たい映画を作りながら、監督として私の色を出すのが重要だと思う。
e0148490_23162781.jpg
Q. 次の演出作はどんな作品だろう。

A. いつも密かに考えているが、秘密だ。一人で頭の中で拡張をさせたりする。俳優の時も面白い話を聞くと‘次のアドリブで使わなくちゃ。’と記録をしておく方だ。

Q. ‘許三観’のようにまた主演と演出を同時にする計画はあるのか。

A. 今回はどんなものか分からなかったからやってみた。この位の分量なら考えてみようと思う。両方やってみたら面白かった。

Q. ‘許三観’で‘マンドゥモッパン (食べる 放送)’が秀逸だが、次も期待していいか。

A. 一口切って食べるより、最後まで食べ切るのを単独ショットで見せられずに惜しかった。モッパンの話が冗談でしきりに出るのは面白い。しかしそれを意識して入れれば映画全体に迷惑をかける。だからモッパンと映画は別だと思わなければならない。次の演出作で‘犯罪との戦争’酢豚モッパンのように自然に食べる場面があったら、高速カメラを使ってトラックを敷いてみようと思う。

ネタバレ感もありますが、公開後だがら聞ける話、面白いです^^
写真もステキですね♡
それだけでも価値アリな記事でした056.gif
[PR]
by kusu_woo | 2015-02-11 23:39 | 허삼관/許三観 | Comments(0)