ブログトップ

ハ・ジョンウのすべてを PART.3

hajungwoo3.exblog.jp

ハ・ジョンウの情報サイト

[青龍映画賞 D-11] 主演男優賞、'本物'たちの正面対決!チェ・ミンシクを引継ぐ男主人公は?

是非、取ってほしーーい。

[청룡영화상 D-11] 남우주연상, '진짜'들의 맞대결! 최민식 이을 남자주인공은?
e0148490_1253632.jpg
e0148490_125478.jpg
本物の俳優たちの自尊心を懸けた闘いが開かれる。
特に男性俳優たちの活躍が著しかった一年だっただけに、青龍映画賞主演男優賞候補もいつより響くようだ。 リュ・スンリョン(7番房の贈り物)、ソル・ギョング(ソウォン)、ソン・ガンホ(観相)、ハ・ジョンウ(ザ テロライブ)、ファン・ジョンミン(新世界)、 共に演技力を認められた忠武路看板スターたち。 最後に笑うのは誰かが注目されている。
e0148490_129864.jpg
▶ パパ vs ソロ

'パパ熱風'が強かった 2013年韓国映画界だ。青龍で取組んだ俳優たちも 'パパ派'と 'ソロ派'に変わった。
パパは強かった。リュ・スンリョンは '7番房の贈り物'で父性愛シンドロームを呼んだ。彼の演技したヨングは精神肢体障害で 6歳知能を持った人物だ。濡れ衣を着せられて刑務所に収監された後も "イ・ヨング、1961年 1月 18日生まれました。帝王切開。ママ痛かったです。私の頭大きくて。"という自己紹介をするほどに純粋な人物だ。しかし娘イェスン(カル・ソワン、パク・シネ)のために命を投げ出すほどに深い父性愛を持った人物だ。

'ソウォン'のソル・ギョングは無口なパパだ。誰よりも家庭を愛するが表現がぎこちない。しかし性暴行被害者になった小学生の娘のために、自分の傷は後回しで犯人捜しに沒頭し、娘が男に対するトラウマで父親さえ拒否すると、子供が好きなココモン人形のぬいぐるみを着て、子を守ろうと思う姿は、何も言わなくてもこの時代の情深い父の姿そのものだ。
e0148490_1373699.jpg
ソン・ガンホが引受けた '観相'のネギョンも同じだ。金を儲けて家門を立て、息子に良いことを譲ろうと上京、息子を守るために孤軍奮闘する姿は涙腺を刺激する。 'どうしてネギョンがそんな選択をするしかなかったのか?'はさて置き、代わりに心理変化の過程を見せて、観客が流れについてくるようにした。 キム・ジョンソ(パク・ユンシク)と初めて会った瞬間の震え、首陽大君(イ・ジョンジェ)の本当の姿を見た後の緊張感などが目つきと身振りでそっくりそのまま伝わり、キャラクターに説得力を加えた。
e0148490_1442753.jpg
'ソロ派'も手強い。ハ・ジョンウは 'ザ テロライブ'で '信じられるハ俳優'の底力を誇示した。制限された空間で、ワントップとして映画を導いていかなければならない重圧を乗り越え、喜び・怒り・悲しみ・挫折・同情など、人間が感じる全ての感情を緻密に解いた。主にアクションが強いキャラクターを演じてきた彼が、久しぶりに標準語を使う専門職の男性を演技した点も新鮮だった。

ファン・ジョンミンは組織暴力団演技ジョンスを見せてくれた。スーツにスリッパをはく独特のファッション感覚、"おい、兄弟、"を始まる訛りでコミカルな設定を取り揃えた。しかし笑って人を殺して、エレベーターの中に閉じこめられながらも "入って来て入って来て"と言いながら笑う姿は、最大組職の 第二人者らしい残忍さを感じらせる。ふくよかで暖かさと残酷の間を自由自在に行き交った彼の演技に "これ以上の組織暴力団演技はない。"と言う賛辞が零れ落ちた。
e0148490_1562272.jpg
▶ 旧冠か、 新しい王か

青龍との縁も興味深く見るに値する。ソル・ギョング、ソン・ガンホ、ファン・ジョンミンは主演男優賞を受賞したことがある。ソル・ギョングは 21回・23回青龍映画賞授賞式で 'ハッカ飴'と '公共の敵'で主演男優賞を受けた。ソン・ガンホは 18回青龍映画賞で 'ナンバー3'で助演男優賞を受けたのに相次ぎ、 28回授賞式で '優雅な世界'で主演男優賞を受賞した。23回青龍映画賞で 'ロードムービー'で男優新人賞を受けたファン・ジョンミンは、 26回授賞式で '君は僕の運命'で主演男優賞まで手にした。
e0148490_20479.jpg
リュ・スンリョンとハ・ジョンウは新しい挑戦だ。リュ・スンリョンは 33回青龍映画賞で '私の妻のすべて'で助演男優賞を受けた事がある。その勢いを駆って、主演男優賞受賞にも成功することができるかが注目される。ハ・ジョンウも 30回青龍映画賞で人気スター賞に挙がった事があるが、まだ主演男優賞を受けた事がない。しかし今年は '演技の神'たちが正面からぶつかり、いつよりも結果を予測することができない状況だ。ここに新しい王が誕生するか、でなければ 2冠王あるいは 3冠王が出るか、関心が集中される。
ペク・ジウン記者

初めての単独主演作だからこそ取ってほしい!><
映画としても新しい挑戦だったと思います。
いつも野山や街中を走り回ってるジョンウが、狭い空間だけで演技するとは。。
これこそ本領発揮。

前期は『ベルリン』で、後記は『テロライブ』で主演男優賞GET!
もしも叶ったら、今年はもうやることないですな(笑)056.gif
[PR]
by kusu_woo | 2013-11-12 02:20 | その他 | Comments(0)