ブログトップ

ハ・ジョンウのすべてを PART.3

hajungwoo3.exblog.jp

ハ・ジョンウの情報サイト

ハ・ジョンウ、父を背景にせず実力で成功したスター!

とっても真面目な内容なんですが、
読んでると胸にグッ、とくるものがあります。

하정우, 아버지 배경 아닌 실력으로 성공한 스타![배국남의 스타성공학]
問った。どうして息子だと言わなかったかと。帰って来た答えはこうだった。"私の息子だと言えば関心を受けたのだろうか。実力がなければ誰の息子だろうと、関心を引いたとしても成功するとは限らない所が芸能界だ。"
質問を投げた。どうして父が誰だか公開しなかったかと。返事はこうだった。"父の名前を知らせて大衆の気を引くことはできたが、誰かの息子と刻印されればもっと大変になると思った。"
この父にこの息子。まさに同僚芸能人たちでさえ関係が分からなかったキム・ヨンゴン-ハ・ジョンウ(キム・ソンフン)父子の言葉を聞きながら思ったことだ。

ハ・ジョンウ(35)、彼は最近の言葉で言うと大韓民国映画界の '大勢'だ。映画興行性、出演作、出演料に至るまで最高だからだ。人気度とチケットパワー、そして演技力を取り揃えた演技者がまさしくハ・ジョンウだ。それだけではない。話題作と作品性の高い映画には間違いなくハ・ジョンウがいる。そのためにハ・ジョンウは名実共に忠武路の大勢で落ち着いたのだ。
e0148490_23223814.jpg
スーパースターカム・サヨン''許されざる者''時間''息''追撃者''ビースティボーイズ''素敵な一日''よく知りもしないのに''国家代表''黄海''依頼人''犯罪との戦争''ベルリン' … 彼の出演作リストを見るだけで、大勢という修飾語が虚言ではないことがすぐ分かる。ハ・ジョンウという俳優の文様はどんな姿でも現われる。そしてこれらの映画はハ・ジョンウが成功したスターだと評価して良いという証拠でもある。

少なくない人々が財閥2世、3世を本当に成功した企業人とは認めない。受け継いだ会社や莫大な財産を掘り起こした成功という認識、すなわち"金の匙と箸を加えて出ただけだ"と認識する人々が多い。 実際そうだ。
最近になって芸能界でも芸能人2世、3世たちが溢れ出ている。芸能人の親が放送に出演して芸能人としてデビューした子の認知度を高めるのに血眼になった姿を見る。芸能界に進出した子の広報に熱をあげる芸能人の親の姿はもう当たり前の風景になった。

芸能人を親に持つ子は芸能界進出と認知度の向上面で一般芸能人志望生よりずっと有利な位置を先行獲得していることは事実だ。芸能人の親が有利な背景で作用するのだ。しかし芸能人の親の背景だけを信じて実力なしに芸能界デビューした後、大衆の冷情な評価を受けて退場する芸能人2世、3世たちは数を知らぬ程多い。

ハ・ジョンウは心強い(?)背景を持った。しかし全く利用をしなかった。"父の背光を着るという話は聞かないように数十回、数百回、オーディションに挑戦しました。演技分析も怠らなかったです。 毎度演技する度にその時の感じと不足な点をメモし、演技する時に補う努力をしています。"

もちろん彼も父の背景への誘惑があったはずだ。デビュー後人々に知られないで無名生活をしていた時のことだ。しかしハ・ジョンウは演技者として実力を認められ大衆に強烈な存在感を植えるスターで浮び上がる前、ただ一度も "父はキム・ヨンゴンだ。"という事実を大衆とマスコミに言及しなかった。どれほどの事情があれば、キム・ヨンゴンの演技仲間たちまでもハ・ジョンウがキム・ヨンゴンの息子という事実を全く分からなかったのであろうか。

実力で認められようとするハ・ジョンウの演技者としての自尊心からだった。初めは硬くてぎこちなかった演技は多様なキャラクターを消化し、キャラクターに真正性を吹き入れる演技者として強烈なキャラクターから日常的キャラクターに至るまで、多様なキャラクターの変奏が上手い俳優に落ち着いた。

彼は実力一つ一つを確かめながら俳優として成功を拡張させていっている。ハ・ジョンウが去年 SBS'ヒーリングキャンプ'に出演し "ドラマ 'プラハの恋人'を通じて一度に認知度が上がったのがとても照れくさかった。'許されざる者'が封切りした頃だ。1年の撮影と待った結果に封切りしたは本当に良かった。放送社でドラマ提議が来た時、易しく決定ができなかった。

時間がかかっても映画の方できちんきちんと踏んで行こうと考えた。演技の章をもうちょっと寝かして、味曽瓶の蓋を易しく開くまいと思った。底を充分に押し堅めて、スランプが来てもゆっくり下ればいい、という考えをした。"と言った。彼の成功がどれほど内実があるかを見せてくれる一節だ。
映画と演技、そして大衆と専門家、マスコミの評価に対する彼の立場でもハ・ジョンウがどれだけ堅い俳優として成功しているかをさらけ出してくれる。

"'大勢'という修飾語が聞くのに非常に照れくさくて恥ずかしいです。資格があるか分からないが少し危ない単語のようです。ただ恥ずかしくないように、そして自信を持って言えることは、作品に臨む時本当に熱心に働くということです。監督だけではないが、映画に対する尊敬と自負心は誰より特別だと自負しています。作品を選択した後は最初から最後まで、徹底的に作品を探求してそのシナリオに対して分析し、また研究します。多くの演習と悩みは当たり前ですね。そのような時間が私の生活の一番重要な部分を占めます。"

ハ・ジョンウのこのような姿勢があったからこそ、忠武路の真正な大勢で落ち着いたのだ。そんなハ・ジョンウを見るキム・ヨンゴンに聞いた。"ジョンウにまだ不足な点が多いが、熱心な俳優として観客そして視聴者に評価を受けたらいいと思います。"

ハ・ジョンウは生まれてから父の演技を見て育ち、形成された演技というDNAに、作品に全てをかける熱情と努力を加えて忠武路の代表俳優に立ったのだ。そして父キム・ヨンゴンの風のように、大衆はハ・ジョンウを "本当に熱心に演技する俳優"と評価する。

文中のジョンウ出演作「スーパースターカム・サヨン」、久しぶりに出ましたね。

イ・ボムスさん主演の野球映画で、ジョンウの出るシーンはほんの少しなのですが・・・
この記者さんはきちんと取り上げ評価してるってことですね^^
そこにもグッときた!?056.gif
[PR]
by kusu_woo | 2013-03-15 22:54 | その他 | Comments(0)