ブログトップ

ハ・ジョンウのすべてを PART.3

hajungwoo3.exblog.jp

ハ・ジョンウの情報サイト

画家顔負けなハ・ジョンウとク・へソン

スラスラ読めるものなら読んでみたいですが。

화가 뺨 치는 하정우와 구혜선
e0148490_21491351.jpg
絵と画家、 絵の競売価格に対する全般的な内容が分かる本が出た。現在 'アジア経済新聞' 社会文化部で美術と文化財担当記者で働いているオ・ジンフィの「絵の富豪(マネープラス. 2013) 」だ。

この本は絵を売買する代表的な場はどこなのか、私たちの市場はどのように形成されてきたのか、美術界の現況を多角度から説明している。画廊、展示会、競り市を直接尋ね、画家、収集家、評論家、コンサルタントなど、現在美術界で活動中の多様な人々に会ってインタビューした内容も伝える。

チョ・ヨンナム、ハ・ジョンウ、ク・へソン、ク・ジュンヨプ、ユ・ジュンサンなど、最近になって美術作品活動を活発にする芸能人たちの消息にしばしば接する。彼らを画家に作った弘益大美大キム・ジョングンの聞かせる話が面白い。彼は 3年前から多くの芸能人たちの作品活動を支援して、最近は美術韓流のために先頭に立っている人物だ。「がざみの墓」で 2005年東仁文学賞を受賞した小説家クォン・ジエさんのご主人でもある。

評論家が作家たちの作品だけではなく、芸能人たちの芸術活動の手助けをすることに対して傾いてき見る人々がいる。これに対して彼は '職業的に映画撮り、歌いながらストレスを受けるスターたちが、寝ながらでも絵を描くことは、それほどカタルシスを引っ張り出すことができるから。'と説明する。引続き、ハ・ジョンウとク・へソンの作品比較が面白い。

"ハ・ジョンウさんは画家になる人が映画俳優になった気がするほど才能が高く感覚が優れている。映画 2~3編を撮りながら、恐ろしい数の絵を描き出すことをみれば、本当に集中力がすごい画家だ。ドイツで映画 'ベルリン'を撮る時も十点を超える作品を見せてくれた。

ク・ヘソンさんは、何やら表現しなければいられない生まれつきの芸術家の気を持っている。とても細密で、鋭敏にその時々に浮び上がる感性を休まないで表現し出す、そんなスタイルの作家だ。
(中略) 小説で比喩するなら、ハ・ジョンウは中編や長編、ク・へソンは断片やエッセイを描く作家であるわけだ。" (p104)

今ハ・ジョンウは美術大学院進学を悩むほどにこの分野に愛着が強く、'バスキア、ジャクソンポロック、パブロ・ピカソ風の影響を受けて自分の絵を構築していった。ク・へソンは内面の音や響きを自由に広げる方式を行っている。'とも伝えた。
特にハ・ジョンウはお父さんのキム・ヨンゴンさんが絵のコレクションして、普段から家で絵の近くにいた経験が多く作用したはずだという評だ。

美術は美しさを表現する技術であり、美しさとは主観的なのだ。そのため '美術史でそのような思潮が形成される時には当代の視覚と要求が込められ、美術は各社会の文化と哲学を含まさせて誕生した結果物'だ。現資本主義社会で美術はお金になる商品になった。ある作品が熱い人気に乗る時、時々実際と違うこともある。しかし美術の各領域で見えないように孤軍奮闘している主導者もまた存在するということに、安心のため息をつくことができる。
ー中略ー

"まだ分からないことが多くて本の内容にも透きが見える。ただ美術に関心がある誰でもこの本を軽く読んでみて、我が国の美術界を振り返るきっかけになればが良いだろう。" (p256)

ジョンウはこんなに忙しいのに大学にも通いたいんですよね^^
悩んでるってことは、いつか必ず実現させるでしょう(笑)

何でもやりたいことを実現させる彼を羨ましいと言う前に、
人生より良く過ごすために躊躇は要らない、と思い知らされます。

しかし、ジョンウさん、
今どこですか〜お元気ですかあ〜〜〜056.gif
[PR]
by kusu_woo | 2013-03-14 01:19 | その他 | Comments(2)
Commented by utoko at 2013-03-15 01:12 x
以前も大学院の記事チラッとでたことありましたよね。
一緒のキャンパスを歩けたかも!?
タイミングがあわないのね。。。ウリ
Commented by uki at 2013-03-15 21:56 x
>utakoさん
諦めるのはまだ早いのでは?^^
ホンデふたたび(笑)
でも、多分ジョンウはキャンパス内を歩きませんよね。。。