ブログトップ

ハ・ジョンウのすべてを PART.3

hajungwoo3.exblog.jp

ハ・ジョンウの情報サイト

上半期スクリーン気象図 ハ・ジョンウ 'カンカン'、キム・ムヨル '雲り'

コレ、天気に見立てた面白い記事です。

상반기 스크린 기상도, 하정우 '쨍쨍' 김무열 '흐림'
e0148490_11352339.jpg
話題作が大挙登場した 2012年上半期、韓国映画は 66編が上映された。人目を引くのは 'ダンシングクィーン'(イ・ソクフン監督)を始まりに、 '犯罪との戦争: 悪い奴等全盛時代'(ユン・ジョンビン監督)、 '建築学概論'(イ・ヨンジュ監督)、 '私の妻のすべての'(ミン・ギュドン監督)など、およそ 4本の映画が 400万観客を突破したという事実。
あっという間に 6ヶ月が過ぎ去り7月が近付いた。1年の半分が過ぎ去った 2012年上半期、スクリーン気象図はどうだったろうか?
e0148490_11584624.jpg
◆ 雲一つない '快晴' … ハ・ジョンウ、チョ・ジョンソク、スジ

'完全大勢' ハ・ジョンウは '犯罪との戦争' 'ラブフィクション'(チョン・ゲス監督)を相次いで興行成功させた真正な興行保証小切手だった。'犯罪との戦争'では荒い野性美がぷんぷんと漂うごろつきチェ・ヒョンベ役を引受けて釜山一帯を号令した。彼のセクシーな声と強靭なアクションに女性観客たちは '悪い男' 病に陥ったが、ハ・ジョンウは長い間その魅力に浸っている観客たちに180度反転の魅力でもう一度衝撃を抱かれてくれる。
'ラブフィクション'で陰湿な小説家ク・ジュオルに変身して、イ・ヒジン(コン・ヒョジン)の脇毛を礼賛して最悪の別れを自ら見せてくれる。極と極の魅力で二匹の兎を一度に捕らえたハ・ジョンウは下半期につながる 'ベルリン'(リュ・スンワン監督)の撮影まで雲一つない晴やかな天気が見込まれる。

ハ・ジョンウに引続き '恐ろしい大勢' チョ・ジョンソクも漏らすことができない。ミュージカル界の宝物で知られたチョン・ジョンソクは '建築学概論'を通じて核拳をくらわしたライジングスターだ。ナプ・トギでしかない彼のナップ・トギの演技は、'建築学概論'の主演ではないが主演に劣らない存在感を発散して人目を引いた。
ー中略ー

晴やかな空と言えばスジも例外ではない。スジは 2011年 KBS 2TV 'ドリームハイ'を通じて演技申告式を手痛く支払ったが、 '建築学概論'を通じて演技力を認められた。ハン・ガインの学生時代の役でイ・ジェフンと呼吸を合わせて多くの男性の初恋アイコンとして上がった。
e0148490_12302879.jpg
◆ 曇りのち晴れ …イ・ソンギュン、 オム・テウン、べ・ドゥナ

イ・ソンギュンは '私の妻のすべての' '火車' など、上半期出演した作品が皆興行に成功して名実共にチケットパワーを立証させた忠武路スターだ。'火車'(ビョン・ヨンジュ監督)で突然婚約者の失踪と彼女の過去に困惑するチャン・ムンホ役を引受けて、内面演技をよく解いたという評価。 また '私の妻のすべての'ではがさつな妻に苦しむ肝が小さい夫として、コメディーも滑り良く表現し出した。
しかしイ・ソンギュンは '火車'と '私の妻のすべての'を興行に導いた牽引車役より、他の俳優たちを支える助力者役目が強かった。 '火車'ではキム・ミ二が、 '私の妻のすべての'ではリュ・スンリョンが目立って、相対的にイ・ソンギュンの演技が雲に遮られる惜しさが残る。

イ・ソンギュンの親友オム・テウンも上半期スクリーンでは惜しい面貌を見せた。正統メロ最高興行作 '建築学概論'を通じて 409万名の観客を動員するのに成功したが、一緒に出演したハン・ガイン、スジ、イ・ジェフンに比べて存在感が不足な感じを与えた。
メウンタンのようにやや辛いハン・ガインに、優柔不断なおこげ湯みたいな男スン・ミンはよく似合ったが、ファンは彼の能動的な姿をもっと期待した。しかし '建築学概論'で温かったオム・テウンが KBS 2TV '赤道の男'では瞳孔演技で連日話題になり、事実上清い空にしばらく立ち込めていた雲が消えたように見られる。

二人のアクターと違い、べ・ドゥナは興行面では惜しさを残したが演技力は輝いたケースだ。 'コリア'(ムン・ヒョンソン監督)で北朝鮮ピンポン選手リ・ブンフィを演技した彼女は、完璧な北朝鮮なまりと表情、行動など高いシンクロ率を見せて観客たちの沒入感を高めた.
切なくも 'コリア'は損益分岐点 220万を越すことができず 182万で幕を閉じたが、今年の上半期興行順位 7位の席を取った。べ・ドゥナはめったに商業映画に出演せず大衆と遠くなっていたが、 'コリア'で曇ったのちに清さを経験した.
e0148490_12511359.jpg
◆ いっぱい雲り … ソン・ガンホ、イ・ナヨン、キム・ムヨル

今でも雨が降り注ぐような曇った天気を見せた作品・俳優たちもいた。ソン・ガンホ、イ・ナヨン主演映画 'ハウリング'(リュ・ハ監督)だ。 'ハウリング'は昇進に固執して事件にとらわれ過ぎ刑事サンギョル(ソン・ガンホ)と事件の秘密を暴く新前刑事ウニョン(イ・ナヨン)がパートナーになって狼犬殺人事件を追跡する話を描いた作品。
薄気味悪い狼犬の登場と 'コウモリ' 'グェムル'のソン・ガンホ、'私たちの幸せな時間' イ・ナヨンの組合わせは封切りの前の話題を集めたが、実際にふたを開くとこれらのシナジーは発揮されることがなかった。ポータルサイトネイバー評点は 6.97点で無情な成績表を受け、雲がいっぱい立ち込めた 薄暗い空を演出した。
ソン・ガンホは 'ハウリング'と '青い塩'の惨敗を取り返す '雪国列車'を撮影した後、 9月から '観相'に合流する。2013年封切りを目標にする二つの作品のため、下半期の再起は難しいが来年もう一度ソン・ガンホの年になるよう期待する。

ミュージカル界のスターでがっちりしてた演技を見せてくれたキム・ムヨルも暗雲が一杯で雷が打ち下ろす様相を見せている。キム・ムヨルは 'ウンギョ'(チョン・ジウ監督)で偉い詩人イ・ジョギョの才能に劣等感を感じる弟子ソ・ジウ役を引受けて熱演した。新人キム・ゴウンとの破格的な情事シーンとディテールした内面演技で注目を引いた彼が、最近浮上した兵役忌避論で大きな試練を経験している。
2010年生計困難事由で兵役免除処分(第2国民役)を受けたが、この期間に公演とドラマ出演で 3億ウォンの収入が発生したという点が問題になって、結局兵務庁で兵役減兔処分に対する再審査が成立つようになった。新たな映画 'AM 11:00'(キム・ヒョンソク監督)の撮影に蹉跌をもたらすなど、手強い梅雨前線を垂れ下げた。

ちょっと読み応えはありますが、映画界の様子が見えて興味深いですね001.gif

いつかジョンウにも曇りがやってくるのか?
女に躓かなければ天気良好のような気がします(爆)


uki
[PR]
by kusu_woo | 2012-07-01 13:32 | その他 | Comments(0)