ブログトップ

ハ・ジョンウのすべてを PART.3

hajungwoo3.exblog.jp

ハ・ジョンウの情報サイト

上半期映画シンドローム、男=ハ·ジョンウ·女=ソジュ 修正

006.gif上半期の劇場街で、韓国映画は5月までの市場平均占有率53.3%を記録して外貨を押し底力を誇示した。韓国映画の独走は、良質の作品と一緒に俳優たちのシンドロームがあるからだった。その主人公は誰だったのか?

男性俳優ではハ·ジョンウを挙げることができます。興行と評壇の成功だけでなく、人気度を最も直接的に露出されるCFまで。ハ·ジョンウは映画界を曲げてつかむ信頼感ある演技派俳優と一緒に人気スターとの姿を共にした。コー​​ヒーの広告の中で一緒に出演したコン·ヒョンジンがする "完全大勢、ハ·ジョンウがコーヒータンダウ〜!"という一言のセリフは、上半期ハ·ジョンウの人気を直接に表している。048.gif

ハ·ジョンウシンドロームを起こした作品は上半期最高の韓国映画興行作である "犯罪との戦争:悪者たちの全盛時代"(以下、犯罪との戦争)。ヤクザ映画の新しい歴史を書いたがノワール映画でハ·ジョンウは、組織のボス、チェヒョンベ役を演じ、カリスマあふれる姿を見せた。 "生きているよ〜"という流行語を残すことも。ハ·ジョンウはこの勢いをロマンチックコメディ "ラブフィクション"にまで続いた。
e0148490_225004.jpg

2月封切りした "犯罪との戦争"は468万人(映画振興委員会の公式集計)を動員し、 "ラブフィクション"は、171万人を記録した。これにより、ハ·ジョンウは上半期だけで劇場に639人余りの観客たちの足を集めた。

女優さんは省略 (笑)
 元記事は こちら から     by kyon2
[PR]
by kusu_woo | 2012-06-14 22:51 | その他 | Comments(0)