ブログトップ

ハ・ジョンウのすべてを PART.3

hajungwoo3.exblog.jp

ハ・ジョンウの情報サイト

上半期二毛作俳優成績表は?ハ·ジョンウA +、イ·ソンギュンA

e0148490_20504797.jpg
▲今年上半期の映画二編を披露して興行に成功した俳優ハ·ジョンウ(写真上)とイ·ソンギュン。ハ·ジョンウは '犯罪との戦争'と 'ラブフィクション'で今年の上半期639万人の観客を動員し、イ·ソンギュンは '貨車 `と`私の妻のすべてのもの'で500万人を超える観客を集めている。

二毛作は農地を一年に 二つの作物を順番に植えて収めることを意味する。今年上半期映画界には特に熱心な俳優たちが多かった。上半期だけで2本、そのうちのいくつかは一ヶ月間隔で新しい映画を披露した。

アン·ソンギ( `ペースメーカー` `壊れた矢`)、ハ·ジョンウ( `犯罪との戦争''ラブフィクション`)、イ·ソンギュン( `貨車` `私の妻のすべて`)、コ·アラ( `パパ''ペースメーカー`)、パク·ヒスン( `ガベージ`、 `ガンギナム`)などがそれらである。今年に入って異常なほど画面の'ドッペルゲンガー'があふれた。ドッペルゲンガーは、同じ時空間に住む一部の人々と同じように生じた他の人を指す。ドッペルゲンガーを見たら死ぬとか不幸になるという俗説もある。

しかし、今年多作俳優たちはほとんどこのような呪いを避けた。スタートは、 `国民俳優'アン·ソンギが壊れた。主演映画二編も去る1月18日、同じ日に封切りした。ふたを開く前までは、 "死ぬの味"と言いながら戸惑いを表されてい、彼は最後に笑った。キム·ミョンミンコアラなどの後輩たちと出演した'ペースメーカー'が興行で苦戦した一方で、単独主演作の'折れた矢'が342万人の観客を集める大成功を収めた。アン·ソンギは、この映画で百想芸術大賞最優秀演技賞まで抱いて健在ぶりを証明した。

ハ·ジョンウ、イ·ソンギュンなど忠武路の若い血自分の役割を確実にした。特に去る2月'ハ·ジョンウの月'であった。`犯罪との戦争'468万人、'ラブフィクション'171万。連打席ホームランを打った。ジャンルとキャラクターが180度異なる映画でも639万人の観客を劇場に呼び入れた。成績でいえばA +。その後、新しい映画をリリースしたイ·ソンギュン、パク·ヒスンなど興行期待を問う言葉に、 "ハ·ジョンウ分だけ"を叫ぶこともした。ハ·ジョンウが'しっかり大勢`であれば、イ·ソンギュンは'静かな強者'だ。去る3月、キム·ミニと呼吸を合わせた'花茶'で242万人の観客を集めた。イム·スジョンと夫婦で出演した'私の妻のすべてのもの'はハリウッドブロックバスター'メン·イン·ブラック3 `を抜いてボックスオフィス 1位を記録している。"二本の映画を合わせて観客500万目標"といってい、彼の風は思っ容易に行われた。特異なことは、劇中での彼の役割が顕著でないという点だ。代わりに、作品の中心をしっかり握り、パートナーキム·ミニとイム·スジョン、二人の女優の演技を引き立てている。

忠武路の代表的な演技派俳優パク·ヒスンは今回も'興行俳優'への夢を成し遂げられなかった。3、4月の劇場街に映画'ゴミ'と'ガンギナム`にワンツーパンチをナルリョトウナ正しくモクヒョドゥルジなかった。`ガンギナム`が124万人の観客を集めて損益分岐点を超えたのは幸いだ。`ガンギナム`に先立って封切りした'ゴミ'は全国27万人の観客を集めたにとどまった。

今年に入って二本以上出演俳優の中で興行成績が最も低調だった俳優コアラ。`ペースメーカー'で今年の劇場街に韓国映画を初めてリリースしたのに続き'パパ'にひきつづき観客を訪れた。しかし、いずれも50万生え際から興行が止まった。

元記事は こちら     bykyon2
[PR]
by kusu_woo | 2012-06-06 21:01 | その他 | Comments(0)